窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.317 返答

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

HUNTER×HUNTER No.317 返答

HUNTER×HUNTER 29 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

最期の時

メルエムとコムギは待望の対局を開始
ようやく自らのコムギに名乗ることができたメルエムは、
自分が勝ったら様付けをやめるようコムギに要求。
メルエムが自分の本当の名に執着を持っていたのは
コムギの一言がキッカケ、
たしかに「メルエム」という名の個の始まりは
コムギの存在あってこそですね。

コムギは死路である孤孤狸固(ココリコ)を選択
死路を選んだコムギに怒るメルエムですが、
コムギはメルエムでさえ気づけなかった活路を示します。
しかしメルエムはさらに逆新手を示し、
そこからさらにコムギが逆新手返し。
メルエムはもちろんのこと、
コムギも尋常じゃない知能の持ち主ですね。

メルエムの運命を聞かされたコムギは
メルエムとともに最期を迎えることを選択

メルエムも、コムギも、
この日、この瞬間のために生まれてきたのだと実感。
最期の時をそんな風に感じることができるなんて、
この二人は恐ろしく恵まれているのでしょうね。


まとめ

メルエムとコムギの最期の時。
メルエムと運命をともにすることを決めた
コムギの決意が涙を誘いますね。
人類の悪意に殺されることになったメルエムにとっても、
悪意とは無関係な最期を迎えることができて
本当によかったですね。


死路である孤孤狸固をメルエム自身に見立てている演出には脱帽です。
・キメラアントの王として生まれたメルエムは
 コムギの影響を大いに受ける(孤孤狸固誕生)
・メルエムは人間の生み出した薔薇によって一度死ぬ(孤孤狸固が死路に)
・「コムギ」という単語によって
 メルエムが再び自分を取り戻す(孤孤狸固復活)
・メルエムはコムギを生かすために
 孤独な死を選ぼうとするも(メルエムの逆新手)
 コムギの選択によってメルエムは孤独から救われる(コムギの逆新手返し)
メルエムにとって真の母はやはりコムギですね。

こうして見てみると、
王宮突入前の時点からメルエムの結末に対して
伏線が張られていたような気がしてきます。
さすがにそんなことはないとは思うのですが・・・。

今回でメルエムとコムギの出番、キメラアント編は終局でしょう。
巻頭カラーの回にこのエピソードをぶつけてくるあたりは
よく考えられていますね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2011/09/26 05:15 ] HUNTER×HUNTER | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。