窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> アニメ感想(総評)> 2011夏終了アニメの評価(Steins;Gate、ゆるゆり)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

2011夏終了アニメの評価(Steins;Gate、ゆるゆり)

もう10月間近だけど、これをやらなきゃ俺の夏が終わらない!
ということで2011年夏終了アニメの総合評価、
作品全体の感想みたいなものを書いてみようと思います。
今回はSteins;Gate、ゆるゆりについて。

評価について

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの
評価企画に準拠。

評価項目は各5点満点で、総合点は30点満点。
5:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

上記に加え、各作品ごとにベストエピソードとベストキャラを
最後に記載しています。

Steins;Gate

ストーリー・・・5
キャラクター性・・・5
画・・・5
演出・・・5
音楽・・・4
総合的な評価・・・5

総合点・・・29


人気PCゲームが原作の話題作品。
今まで私が観てきたゲーム原作のアニメの中では
間違いなく一番面白かったです。

2クールアニメというくくりでも五指に入るかなぁ。

アキバ要素や厨二病設定など、
私たちアニメオタクが強く共感できる要素をフックとし、
物語冒頭から緻密に張られ続けてきた伏線と
度肝を抜く衝撃的な展開と演出で魅せる。
繰り返し観返してみたり先の展開を予想してみることによって
新たな発見ができるという、
一粒で二度も三度も四度も楽しめる作品でした。


怒涛の伏線回収はモチロンなのですが、
この作品の魅力の大部分を担っていたのは
強烈な個性を持ちながら非常に共感を持てるキャラクターたちだと思います。

(特に主人公である鳳凰院凶真こと岡部倫太郎)

生粋の厨二病患者という一面を持ちながら、
本当は仲間思いで小心者でどこにでもいるタダの青年。
私たちアニメオタクにとって
非常に感情移入がしやすいキャラクター像ですね。
物語が進むに連れ凶真が倫太郎へと変わっていったことにより、
私たち視聴者にも倫太郎が直面した絶望が
痛いほどに伝わってきました。

そんな倫太郎が最後には鳳凰院凶真として
紅莉栖を救い出すというクライマックスは
まさに胸熱でしたね。
他のキャラクターについても
待ち受けている非情な運命に涙を誘われましたね。
(特にまゆりに紅莉栖、鈴羽)

音楽が4なのはぶっちゃけオール5を回避するためだけ。
毎回ものすごくいいところでEDに入るため、その腹いせってことでww
それと理解力のない私には状況の変化がイマイチ捉えにくかったため、
もう少し丁寧に説明を入れてくれるとありがたかったかも。

あと今の意見と真逆になりますが、シュタゲのネタバレが怖くて
他のブロガーさんの感想を読むのに神経を使わさせられたのもマイナス。
これに至っては完全に作品関係なしですねww
こういうイチャモンみたいな言い分でしか
マイナス意見がでてこないほどの神作でしたってことです。

ベストエピソード
#23 境界面上のシュタインズゲート

ベストキャラクター
岡部倫太郎(CV.宮野真守)

ゆるゆり

ストーリー・・・4
キャラクター性・・・5
画・・・4
演出・・・5
音楽・・・5
総合的な評価・・・5

総合点・・・28


ゆる~い百合とゆる~い笑いの日常系アニメ。
可愛くて個性的なキャラたちにテンポのいいギャグと
「みなみけ」を彷彿とさせる面白さでした。
OPとEDもいかにもアニソンってカンジでよかったですね。
キャラソンにも只今絶賛モロハマり中です。

とにかく面白おかしく可愛らしいやりとりが魅力的でした。
特に大好物だったのが向日葵×櫻子と京子×綾乃ですね。

あと毎回冒頭でのあかりいぢめや
第4話での謎の9人目(生徒会長松本りせ)など、
ネタに対する徹底ぶりには驚愕でしたね。

この作品を語る上で欠かすことができないのが、
主人公のはずなのに主人公と思えない扱いを受けまくっていた、
始まりと終わりを司る主人公アッカリ~ンこと赤座あかり。
影が薄いこと、不憫な子であることといったマイナス要素を
逆に唯一無二な武器にまで昇華させたという、
これまでとはまったく違う新しいタイプの主人公ですね。


しかしこのあかりに対する扱いの悪さはについては、
特に最終回ではガチなイジメにも見えてしまうほどの過激さ。
それでもあかりがイジメを笑いへと昇華させることができたのは、
イジメをイジメと感じさせないほどあかりが「いい子」だからです。

どれだけぞんざい不憫な扱いを受けても、
「いい子」であるあかりは決してへこたれず健気に頑張り続ける。
あかりの魅力は一にも二にも「いい子」であることであり、
あかりに対する扱いの悪さは彼女の魅力を引き出す装置にすぎない。
この点だけは絶対に揺るぎ無いと思います。
そして私はそんなアッカリ~ンが心の底から大好きです!

ある意味絶対に忘れられない主人公になるんだろうなぁww

キャラの個性がしっかりと描かれ、
エンジンがかかってきたのが中盤ということもあり、
やはりスロースターター感は拭えませんね。
このまま2クールやってくれればよかったのに。
私にソフト百合の素晴らしさを教えてくれた素晴らしい作品、
個人的にはこのままでは向日葵×櫻子が全然物足りませんし、
是が非でも2期をやってもらわなければですね。

ベストエピソード
第5話 あかりとかミンミンゼミとかなく頃に

ベストキャラクター
赤座あかり(CV.三上枝織)


例のごとく長くなりすぎたので続きます。
続き
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2011/09/25 05:50 ] アニメ感想(総評) | CM(2) | TB(3)
[ 1034 ] Re: 2011夏終了アニメの評価(Steins;Gate、ゆるゆり)
こんにちは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。お世話になっております。

この度はお忙しい中、当ブログの評価企画に参加して頂きありがとうございました。集計に加えさせて頂きました。


なお、今回の企画の最終集計結果の発表は本日12月30日(金)夜11時から放送のネットラジオで行う予定でございますので、聴いて頂けるとうれしいです。

聴き方等詳しくはこちらをご覧下さいませ→http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5541.html

近いうちにまた次の企画を発動する予定です。どうかその時もよろしくお願いいたします。
[ 2011/12/30 14:26 ]
[ 1035 ] ピッコロさん、こちらこそいつもお世話になっております!
今回も集計の方お疲れ様でした。
次回の評価企画ももちろん参加させてもらおうと考えておりますので、
その時もまたよろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2011/12/31 23:04 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

今期(9月終了)アニメ評価in星屑の流星群
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんのところで 今期(9月終了アニメ評価企画)があるので参加します。 今回は朝・夕方・深夜とそれぞれあります。 では評価開始!!!!!!
[2011/11/13 12:42] 星屑の流星群
2011年9月終了「アニメの評価をしてみないか...
  「2011年はあと2週間、アニメやドラマもそろそろ最終回にさしかかってきますね。」 今回はアニメブロガーの ピッコロさん「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」 から...
[2011/12/17 23:39] ピンポイントplus
今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」様の恒例企画、 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14 に参加させていただきます。 「花咲くいろは」 ストーリー 4 キャラクター性 ...
[2011/12/30 10:19] アニメ徒然草


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。