窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第639話 全部守る

ONE PIECE 第639話 全部守る

ONE PIECE 63 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

2年間の意味

ホーディの目的は魚人島ごと麦わら海賊団を葬り去ること
そのためなら部下が死のうがお構いなし、
短絡的に破滅的な結果を望むあたりがまさに小物です。
デッケンはホーディに敗れノアの中へ、
これで本当に死んでしまったのかどうかが重要ですね。

しらほしを抹殺しようとするホーディの前にルフィが立ち塞がる
戦場は魚人族が圧倒的に有利な深海、
ネプチューン3兄弟が協力してくれるといはいえ、
ルフィは技の威力は落ちる上にシャボンを割られただけでアウトです。
それでも「全部守る」と言いはるルフィ、
仲間を、兄を、何一つ守れず、ただ涙した2年前とは違うところを
見せてもらいたいですね。


一方広場では、ESを服用したワダツミとヒョウゾウが大暴れ
超絶スケールのワダツミを生身で蹴り倒すジンベエとサンジ、
仲間まで斬りまくるヒョウゾウを肩ならしの相手に定めたゾロ、
こちらもボス戦へと突入ですね。

まとめ

深海ではルフィがホーディと、
広場ではジンベエとサンジがワダツミと、ゾロがヒョウゾウと対峙、
いよいよ新魚人海賊団との対決もクライマックスといったカンジです。
わかりやすい、燃える展開ですね。

新魚人海賊団の面々もESのおかげで
それなりには強くなっているでしょうし、
2年間でのルフィたちの成長を測る指標程度には
なってくれるだろうと期待しています。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2011/09/17 03:40 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL