窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

未来日記 10巻

未来日記ももう10巻となりました。
今回はツインタワービルでの戦いに決着がつき、
物語もいよいよ佳境へ突入します。
以下感想
ツインタワービルでの決戦
今回は11thとの戦いと9thとの決別がありました。
「我妻銀行」の大金庫に避難した11th。
金庫を開けるためには
「本物の我妻由乃」の網膜認証が必要となりました。
一方、西島を雪輝に見殺しにされた9thは、
仇を討つため雪輝を殺そうとします。

  今の雪輝の境遇は子供の頃のみねねの境遇と同じです。
  過去の自分と向き合ったみねねの選択が
  今回のキーポイントの一つでした。
  私はこの作品で一番好きなキャラはみねねだったので、
  彼女の結末はとても悲しかったです。

  そして今回さらに謎が深まった
  「偽物の我妻由乃」の正体。
  やっぱりラスボスは
  由乃かムルムルのどちらか、あるいは両方だと思います。

世界の崩壊、そして秋瀬の正体
デウスの寿命が限界を迎えつつあると同時に、
世界は崩壊を始めました。
8thを使ってデウスのもとに現れた秋瀬は
「『神』になれば、本当に全ては"0(チャラ)"になるのか!?」と
雪輝の願望は実現可能なのかをデウスに問います。
そしてデウスの口から、その問に対する答えと
秋瀬の正体が語られます。

  なんかもうこのマンガの主人公は秋瀬になったみたいです。
  確かに雪輝みたいなヘタレが主人公やってるよりは
  よっぽどいいですけど。

  世界崩壊が始まり、残る日記所有者もあと僅かになりました。
  クライマックス目前といったカンジですね。
  次巻では様々な謎が次々と明らかになるそうなので
  今から期待してます。


そういえば帯に「アニメ化 企画進行中」と書いてありました。
ずっとアニメ化を期待してたので嬉しいです。


未来日記 (10) (角川コミックス・エース 129-15)
未来日記 (10) (角川コミックス・エース 129-15)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-03-26
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star物語は佳境へ。そして・・・
star最終回まであと少し

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2010/03/28 23:03 ] マンガ感想(未分類) | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。