窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > アニメ感想(未分類)> はなまる幼稚園第11話、ひだまりスケッチ☆☆☆第12話、デュラララ!!第12話

はなまる幼稚園第11話、ひだまりスケッチ☆☆☆第12話、デュラララ!!第12話

一週間のアニメの簡単な感想です。
はなまる幼稚園 第11話「はなまるな押しかけ女房」「はなまるなお話」
杏が通い妻となって、
山本先生への告白が失敗してヘコむ土田を励ますお話。

今回の山本先生の発言からして、
もう土田に勝算があるとは到底思えないです。
山本先生がダメだからって幼稚園児にトキメクなよ。

EDが筋肉フェチとメガネだったんでびっくりしました。
アンタら今週出番なかっただろ。

ひだまりスケッチ☆☆☆ 第12話「7月12日 みつぼし×リコピン」
ひだまり荘の庭に植えたトマトを収穫し、
みんなでトマトを使った料理をするお話。

朝に弱いヒロさんが
ラジオ体操に参加するという奇跡を起こしましたが
一人だけワンテンポ遅れています。

今回の話みたいにみんなで料理するのは楽しそうです。
ヒロさんはお母さん、沙英さんはお父さんってカンジですね。

ひだまり荘の住人全員が個性を発揮した
すばらしい最終回だったと思います。

4期の制作を期待してます。

デュラララ!! 第12話「有無相生」
1クール目のクライマックス。
さまざまなナゾが明かされ、一応一区切りはついたのかな。

首に傷のある女の正体は張間美香でした。
セルティの首そっくりの顔は、ただ整形しただけでした。
生首を愛する変態男と、自分を殺そうとした相手を愛するストーカー女、
なんだかんだでこの二人はお似合いですね。

物語に度々出てくるチャットが誰によるものかも判明しました。
「田中 太郎」が帝人、「セットン」がセルティ、「甘楽」が臨也でした。
確かに今までの話を見返してみると、
「田中 太郎」はダラーズのことを気にかけてましたし、
「セットン」は首なしライダーの存在を否定してましたし、
「甘楽」は性格の悪そうな発言ばっかりしてました。


臨也が帝人へ言った「日常を楽しめ」は深い言葉ですね。
「慣れ」がやってきてさらに強いものを求めようとするあたり、
非日常の刺激なんてものは薬物と同じようなものです。

セルティの首は結局臨也のもとに渡り、すべてはこいつの掌の上ってカンジです。
帝人、セルティ、臨也の関係はこの先どうなるんでしょう…。


前回記事
[アニメ感想] はなまる幼稚園第10話、ひだまりスケッチ☆☆☆第11話、デュラララ!!第11話
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

デュラララ!! 第12話 「有無相生」
日常は、エンドレス。 セルティも、エンドレス。