窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第624話 オトヒメ王妃

ONE PIECE 第624話 オトヒメ王妃

ONE PIECE Log  Collection  “SKYPIEA” [DVD]

ネタバレ注意です。
以下感想

分裂

投獄されたアーロンはタイガーの死について真実を語りませんでした
人間に献血を拒否されて死んだことになったタイガー。
とは言えもしアーロンが真実を語ったとしても、
事実が正しく公表されることはなかったと思います。
大罪人が誇り高い死を選んだなんて世界政府が絶対に認めたがらないでしょうし。

タイガーの死は、オトヒメの活動にも大きく影響します
人命救助に地上活動、署名に街頭演説など多くの活動を熱心に続けるオトヒメ。
しかしタイガーの死で人間に対する敵意を増した街の人々は
オトヒメのもとから徐々に離れていきます。
感受性が強いということは自分に向けられる感情にも敏感ということ、
この頃のオトヒメは心身共に相当つらかったでしょうね。

オトヒメへのせめてもの詫びとして、
魚人の地位を上げるためにジンベエは七武海入り

しかしその恩赦でアーロンが釈放、当然政府の狗となったジンベエには従わず
タイヨウの海賊団は3つに分裂することに。
この時アーロンを力づくでも止められなかったことが今現在のジンベエの負い目。
最後にはどうしても義理人情を優先してしまうあたりがジンベエらしいですね。

天竜人の乗った巨大難破船が魚人島へ
サボの一件もありますし、天竜人の来訪とか嫌な予感しかしませんね。

まとめ

タイガーの死の捉え方で対立し別れたジンベエとアーロン。
アーロンが人間に復讐心を抱くのももっともだと思いますけど、
この後アーロンが行う「天竜人の真似事」を考えるとやっぱり同情はできませんね。
結局はタイガーの死を自分の都合よく解釈しただけな気がします。

天竜人が魚人島へとやってきて、明らかにオトヒメが大ピンチですね。
もしこのままオトヒメが死んでしまうのだとしたらあまりにも報われないなぁ。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2011/05/16 02:20 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL