窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> アニメ感想(総評)> 2011冬アニメの評価(みつどもえ 増量中!、これはゾンビですか?、IS<インフィニット・ストラトス>)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

2011冬アニメの評価(みつどもえ 増量中!、これはゾンビですか?、IS<インフィニット・ストラトス>)

これをやらなきゃ俺の新年度が始まらない!
ということで2011年冬に放送されたアニメの総合評価、
作品全体の感想みたいなものを書いてみようと思います。
今回はみつどもえ2期、これゾン、ISについて。

評価について

評価項目は各5点満点で、総合点は30点満点。
5:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

※今回よりゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんの企画記事の形式で統一。

以上に加え、各作品ごとにベストエピソードとベストキャラを最後に記載しています。

みつどもえ 増量中!

ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・4
総合的な評価・・・3

総合点・・・21


第1話のまさかのガチレン回以外では、
恐ろしいまでに安定した面白さを維持し続けてくれた作品。
1期から出続けてきたキャラの個性が定着してきたこともあってか、
1期以上にキャラが生き生きとしており、
一つ一つのネタの面白さが向上してたように感じました。

特にみつばの雌豚ネタ、それとみつばとひとはのやりとりが面白かったです。

残念だったのはやはり全8話という放送期間の短さ。
第1話以降本当に面白い話連発だっただけに、
重要な第1話をガチレン回で浪費してしまったことが余計に惜しく思えます。
それと欲を言えば、2期から参戦した三十路前や保護者勢の活躍も
もう少し観てみたかったかも。

全体的にネタの面白さは1期以上だったのですが、
その反面1期の「体育倉庫」のネタや「授業参観」のネタのように
強烈なオチでいつまでも記憶に残るようなネタは特になかったです。
OP、EDは1期に比べ電波的な意味で見事パワーアップしてました。
しかしこれらも少ない話数のために
目にする機会が極端に少なかったのが残念です。

ベストエピソード
第7話 みそじもえ?

ベストキャラクター
丸井ひとは(CV.戸松遥)

これはゾンビですか?

ストーリー・・・3
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・3
総合的な評価・・・4

総合点・・・21


ハイテンションなギャグパートと、
バイオレンスなシリアスパートとの落差が激しかった作品。
ギャグパートは歩の文字通り身体を張ったギャグや、
強烈な性格のヒロインたちとのやりとりが観ていて非常に面白かったです!


こういう正反対の顔を二つ持つ作品は、
「片方がめちゃ面白いのにもう片方が非常に残念」だったり、
「片方がもう片方の魅力を消してしまっている」ということがよく起こります。
この作品もその例に漏れず、シリアスパートでは強引に盛り込まれたギャグが
なんとも微妙な空気を作り出していました。
まぁそれがシュールに見えて笑えてくることが多々あったのですけどねww

しかしながら、第11話の夜の王との決着とユーの帰還は感動モノでしたし、
ギャグを盛り込まないシリアス一辺倒の部分は純粋に面白いと思えました。
ギャグが最大の持ち味ながら、シリアスでも十分面白い作品というのは、
個人的にはかなりの衝撃でした!


ベストエピソード
第11話 ああ、オレの所にいろ!

ベストキャラクター
ハルナ(CV.野水伊織)

IS<インフィニット・ストラトス>

ストーリー・・・2
キャラクター性・・・5
画・・・3
演出・・・4
音楽・・・4
総合的な評価・・・5

総合点・・・23


「メカ」と「美少女」が2本柱な王道的テンプレハーレムアニメ。
今期の中ではある意味貴重な「頭を空っぽにして観れるアニメ」の一つでした。
(もうひとつはみつどもえ)
アッと驚くような展開はなかったものの、
安心して観ていられるというのもそれはそれで大切なことなのではと思います。

この作品はとにかくキャラの魅力が際立っていましたね!
外見から性格に到るまで多種多様な5人のヒロインに加え、
その5人に勝るとも劣らない魅力を持つサブキャラと、
女の子に関しては十分すぎるほど充実していました。
ベッタベタなハーレム展開も、視聴者の期待を裏切らないという意味では、
とても素晴らしかったのではないかと思います。

「メカ」の部分であるISに関してはまずまず。
ハイスピードで繰り広げられる戦闘はかっこ良かったですし、
なかなか見ごたえがあったと思います。
しかしそもそも戦闘の回数があまり多くなかったことと、
ISの核心に迫る部分がまるで明らかにならなかったことが残念でした。


「メカ」の部分もそれなりに楽しむことができたのですが、
やはりこの作品はそれ以上に「美少女」とのハーレム展開が面白すぎました。
その結果「この作品にはメカやストーリー的なものは必要ないかも」と
思えてしまったことは、ある意味問題なんじゃないかとも思いますww


ベストエピソード
第9話 海に着いたら十一時!(オーシャンズ・イレブン)

ベストキャラクター
シャルロット・デュノア(CV.花澤香菜)


長くなりましたので別記事に続きます。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2011/04/06 16:20 ] アニメ感想(総評) | CM(0) | TB(4)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

今期(3月終了)アニメ評価in(通常パート)星屑の流星群
ゲームやアニメについてぼそぼそと人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画があるので参加します。 ちなみにブロガーさんじゃなくても参加できるので 「メタベイファン」などの朝アニメファンもどし...
[2011/04/29 19:34] 星屑の流星群
今期(3月終了)アニメ評価「遊戯王5D's編」in星屑の流星群!!
今回はアニメ評価の記事を合計3つに分けさせてもらいました。 何故なら3月は僕がもっとも評価企画の参加に力を入れる時だから。 そして遊戯王5D'sがあまりに最高だったからです。 さて遊戯王5D'sの評価記事は続きからを!!!
[2011/04/29 19:34] 星屑の流星群
今期(3月終了)アニメ評価ベスト賞編、通称「ベスト賞決定大戦」in星屑の流星群
さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表するだけじゃ面白くないので こんな感じに仕上げてみました。 さぁ今期の評価記事最後の...
[2011/05/07 07:39] 星屑の流星群
「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12」に参加させていただきます
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていただきました。 しとらすの場合はどのシーズンもそれほど数を見る方ではないのですが、今期はいつも以上に少なめだったような気がします。そして途中で?...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。