窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > ライトノベル感想> 新約 とある魔術の禁書目録

新約 とある魔術の禁書目録

新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)

「新約」とタイトルを新たにした
原作「とある魔術の禁書目録」の感想です。
第三次世界大戦後の学園都市
第三次世界大戦を生き残った一方通行(アクセラレータ)、浜面仕上は
それぞれ闇から抜け、平穏な日常を取り戻していました

アクセラレータの手によって学園都市の闇そのものが消滅。
アクセラレータが感じる「違和感」こそが、彼の手に入れた平和の象徴なのでしょうね。

学園都市の闇から抜けた「卒業生」に、
学園都市の新たな闇「新入生」が牙を向きます

誰かが光を浴びればそこに影ができるように、
そもそも光と闇は表裏一体なのでしょうね。
どこまで行こうが悪意がゼロな世界なんてありえません。

一人の少女、フレメア=セイヴェルンがアクセラレータと浜面をつなげる
フレメアはアクセラレータにとっても浜面にとっても放ってはおけない人物。
これまでひとつの事件に別々の立ち位置から関わってきた主人公達ですが、
今回はフレメアによってひとつににまとまることになります。

まとめ
今巻は学園都市の闇との戦いということで、
とにかく学園都市の超科学力で創られたメカが多数登場します。
具体的には様々な種類の駆動鎧(パワードスーツ)にサイボーグなどなど。
ここまで技術が進歩しちゃうと、
今度はそれに合わせて人間の倫理観も変わっていくんだろうなぁとしみじみ思いました。

想像力のない私ではイマイチイメージしにくい場面がいくつかあったのですが、
だからこそ11巻の女王艦隊みたいに、映像化された際にはすごく面白くなると思いました。

まぁ今巻の映像化って一体何年後の話してるんだよってカンジなんですけどww

今巻の敵の目的は「学園都市の反乱分子をひとつにまとめ、
『魔術』との戦いに向けての準備をする」というもの。
先程も書いたとおり、今までは別々の立場で別々に動いてきた主人公達が、
今度はひとつにまとまって行動していくことになりそうです。

今まで面識のまったくないキャラ同士のやりとりが見れると思うと
楽しみで仕方がありません!

加えて学園都市が危険視する「魔術」も気になります。
第三次世界大戦で科学と魔術のパワーバランスは科学へと大きく傾いているはず。
そんな中学園都市へと矛先を向けれる魔術組織があるとすれば、
学園都市と同じく第三次世界大戦の勝利者であるイギリス清教だけなのではと思います。
となれば当然学園都市の学生たちとイギリス清教の面々は敵対していくことになるわけで・・・。
今回は第三次世界大戦後の学園都市を描いた話だったので、
次は第三次世界大戦後の世界情勢や魔術サイドの様子が見たいですね!
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2011/03/11 11:55 ] ライトノベル感想 | CM(4) | TB(3)
[ 332 ]
勢いに乗って一日で読破してしまいました。今回は色々とパワーバランスが変わってきましたね。だが麦野が可愛かったり、番外個体が可愛かったり、芳川が可愛かったり、一方通行がシュールだったり、ついに三人が出会い結束したり、いやあ充実した一冊でした!ただ一方通行や浜面が出くわした美琴やインデックスが胸が痛いですね。まあ美琴や神裂は好きなんですが、インデックスって生理的な嫌悪感か噛み合わないのか、ウザいと思ってしまい嫌いなのでインデックスは兎も角美琴が辛かったです。出来れば美琴と結ばれて欲しいなぁ。
個人的順位はインデックスが最底辺で木原くンのほうが俄然お気に入りですし(笑)


学園都市と魔術勢力の対決、イギリス清教となってしまうのでしょうか?でもそうなると単純に上条たちがイギリス清教と戦うのではなく、学園都市とイギリス清教の戦争を止めるため、上条・一方通行・浜面達と彼らの勢力が結託するのが理想的ですね。レベル5三人組や禁書目録・聖人2人、一万人の能力者、魔術師部隊、さらに三人の求心力はかなりの脅威です!!
[ 2011/03/11 14:15 ]
[ 333 ] 零崎零識さん、コメントありがとうございます!
> ただ一方通行や浜面が出くわした美琴やインデックスが胸が痛いですね。

二人にあれだけ心配をかけた上条さんは、
この後どの道死を迎えることになりそうですねww

> 学園都市と魔術勢力の対決、イギリス清教となってしまうのでしょうか?でもそうなると単純に上条たちがイギリス清教と戦うのではなく、学園都市とイギリス清教の戦争を止めるため、上条・一方通行・浜面達と彼らの勢力が結託するのが理想的ですね。

主人公達はこれまでも自分の所属や自分の立場といった「枠組み」を
根こそぎぶっ壊してきましたから、
単純にどちらに所属してどちらと敵対するといったことはなさそうですよね。
5巻にでてきた「上条勢力」が本当に生まれるのかも。
[ 2011/03/12 05:34 ]
[ 338 ] Re: 新約 とある魔術の禁書目録
新約は、「とある魔術の禁書目録」とは、別の話になっているのでしょうか?
[ 2011/03/14 12:48 ]
[ 342 ] Re: Re: 新約 とある魔術の禁書目録
> 新約は、「とある魔術の禁書目録」とは、別の話になっているのでしょうか?

いえ、別の話ではなくただ単にタイトルを新たにしただけです。
要は「とある魔術の禁書目録 新約編」みたいなカンジですね。
[ 2011/03/14 22:14 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

新約とある魔術の禁書目録
新約とある魔術の禁書目録地震に耐えつつ書きました…。ネタバレ注意。■あらすじローマ正教の暗部『神の右席』最後の一人、フィアンマがロシアから起こした第三次世界大戦は、上条...
[2011/03/12 08:56] Boundaryline
「新約 とある魔術の禁書目録」 感想・考察
遅くなりました、鎌池和馬先生 著のライトノベル『新約 とある魔術の禁書目録』の感想&考察です。 ネタバレありなので未読の方はご注意下さい。 あとかなり長くなっておりますのでご了承を。
新約 とある魔術の禁書目録 感想
タイトルも『新約~』と新たに『禁書』最新刊が発売されました! 1巻目から400ページのボリュームです! 今回の表紙は、浜面仕上と一方通行、そしてフレメア=セイヴェルン。 帯には、「ここは上条当...
[2011/03/12 19:45] ひえんきゃく