窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> バクマン。> バクマン。 112ページ パンチと一人立ち

バクマン。 112ページ パンチと一人立ち

バクマン。1 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

ネタバレ注意です。
以下感想
関係修復と再スタート
サイコーとシュージンは殴り合いのケンカで仲直り
二人は青春をしてたつもりでも、蚊帳の外の香耶から見れば亜城木夢叶の終わり。
何にせよ亜城木夢叶が元通りになり香耶もとても嬉しそう。

一方、服部は「恋太」を一人でやることになった白鳥の心配をします
しかし世間知らずであった白鳥は意外としっかりしてました。

サイコーはシュージンのアドバイスを受け無事ネームを描き上げます
そして服部との打ち合わせ、
サイコーは服部に一位を取ったら連載ネームを描いていいかどうかを聞きます。
「PCP」は当然辞めることができないが、エイジが2本連載している以上可能性は0ではない。
サイコーとシュージンは一位を取るためにもう一度ネームを考え直します。

人気作家恋愛読切祭開催
ライバルたちも読切完成に向けてラストスパート
岩瀬は作画担当の八本木が描いたキャラデザが気に入らず、
すでに田舎に帰った中井にお願いしたいと言い出します。
しかし当然ながらこのワガママは通らず。

人気作家恋愛読切祭の発表
そして第一弾の見本誌が完成

第一弾はエイジの作品。
この号は連載2本に読切1本、誌面の5分の1を新妻エイジが占めます。
自分たちの目で最大のライバルの作品を確認するサイコーとシュージンですが、
シュージンは「これ面白くないよな?」と発言します。

まとめ
一時は決裂しかねないとまで思えたサイコーとシュージンですが、
殴り合いのケンカで無事元通り。
まぁこれからも二人で末永くやっていくわけですし、
一度くらいは拳で語り合ったおいたほうがいいのかもしれませんね。

岩瀬の作画担当八本木の絵を見て石沢を思い出しました。
まさか八本木=石沢なんてことはないですよね?

エイジ渾身の読切はシュージンには不評。
天才肌のエイジには経験が命の恋愛モノはキツかったのでしょうか。
やはり亜城木夢叶最大のライバルとなるのは
今まで恋愛モノでこの世界を生きてきた蒼樹なのかな。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2010/12/06 07:20 ] バクマン。 | CM(2) | TB(1)
[ 155 ]
八本木=石沢
私には想像がつきませんでした(゜д゜)
もしそうならすごい展開になりそうですね(^ω^)
[ 2010/12/08 19:45 ]
[ 158 ] Re: タイトルなし
レイラ さん、コメントありがとうございます!

> 八本木=石沢
> 私には想像がつきませんでした(゜д゜)

いや、なんとなくバクマン。で萌え絵といえば石沢しかいないだろうと思って
かなり適当に予想しただけですよ。
まぁでもちょうど作中でも石沢の話題がちょこっとだけ出てきましたし、
あいつも一応亜城木夢叶とは因縁の間柄なんですよね。
[ 2010/12/10 11:45 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

WJ1号 バクマン。「112ページ パンチと一人...
遅れました!某ハンティングアクションゲームにのめり込んでましてで息抜きをしてまして。ではでは感想です!!シュージンが復帰し、読切を2人で手掛けることになった亜城木夢叶。で ...