窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.298 薔薇

HUNTER×HUNTER No.298 薔薇

ネタバレ注意です。
以下感想
"王の名を告げたネテロの奥の手は
「貧者の薔薇」と呼ばれる爆弾による自爆でした。
その凶悪な一撃を見たユピーとプフは完全に蟻となりました。"

人間には蟻とは違い、これまでの歴史の過程で生み出した様々な知識や技術をもっています。
(蟻の知能や念能力は人間を捕食して手に入れたものであって、
蟻自身が生み出したものって特にないですね)
ネテロの最期の一撃は、まさにそんな
人間の悪意(進化)の集大成でありました。
実際にこんな
"人間の体の中に仕込めるサイズで、
核爆弾並みの破壊力がある爆弾"が存在したら、
テロリストに使用されまくってエラいことになりますね。

ユピーとプフは王の生死に関わらず
これから人間を皆殺しにしていくのでしょうね。
彼らにとってもはや人間は、ただの「食料」や「下等種族」ではなく
「忌むべき敵」になったでしょうから。

王は果たして死んだのでしょうかね?
五体満足ってことはさすがに無いと思いますが…。


次回記事
[マンガ感想] HUNTER×HUNTER  No.299 再生

前回記事
[マンガ感想] HUNTER×HUNTER  No.297 最後
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2010/03/01 16:24 ] HUNTER×HUNTER | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL