窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> アニメ感想(放送中)> 幼女戦記> 幼女戦記 第壱話 ラインの悪魔

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

幼女戦記 第壱話 ラインの悪魔

幼女戦記 1 [Blu-ray]

幼女戦記 第1話。
戦乱の只中を生き抜く一人の幼女の物語。
以下感想

守りたくない、この笑顔

戦乱の只中を生き抜く一人の幼女の物語。

舞台は世界大戦真っ只中のヨーロッパに似た異世界。
戦車や戦闘機、重機関銃といった近代兵器はまだなく、
代わりに「航空魔導士」と呼ばれる独自の兵種が活躍していた。
空中で静止できて、垂直離着陸ができて、的としてはとても小さい。
現に今回や第2話では弾着観測役としても重要な働きをしていましたね。

そんな航空魔導士として戦地に身を置く主人公、ターニャ・デグレチャフ。
金髪碧眼の幼女で、戦場を華麗に舞う姿はまるで妖精。
しかしてその実態は圧倒的な戦闘力と非情な判断力を持つ悪魔。
「愛国心と信仰心に狂った冷徹な幼女」というのが"第1話までの"印象。
「こんなにも萌えねぇ幼女は逆に新鮮だなぁ」とか思ってましたw

まとめ

てなわけで幼女戦記の第1話。ちなみに原作は未読です。
上記の通り、すでに第1話以降も視聴済み、
というか現時点での最新の第5話まで視聴したところだったりします。

まぁ第1話ではね、外道を極めた気狂い幼女にビックリドッキリってカンジで、
インパクトだけで内容自体はそれほどでもなぁと思っていたんですよ。
しかし続く第2話でターニャのバックグラウンドがわかってからはあら不思議、
「めちゃくちゃ面白いじゃないですが、この作品」と思った次第です。
にしてもこの作品は二重三重の意味でタイトル詐欺ですよねぇw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2017/02/06 08:00 ] 幼女戦記 | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。