窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ガーリッシュ ナンバー> ガーリッシュ ナンバー 第10話 闇堕ち千歳と失意のクズ

ガーリッシュ ナンバー 第10話 闇堕ち千歳と失意のクズ

ガーリッシュ ナンバー 第1巻(イベント優先販売申込券付 初回限定版) [Blu-ray]

ガーリッシュナンバー 第10話
声優としての生死の境で、千歳は・・・。
以下感想

烏丸千歳に足りないもの

声優としての生死の境で、千歳は・・・。

ド新人から一端のプロになった千歳には新たに専属のマネが付いた。
まっつんは本当に素晴らしいキャラしてるし、いいことも言っているだけど、
真性のクズであるちーさまとの相性は最悪でしょうね。
ちーさまはチヤホヤされないと死んじゃう生き物だから、
もう少し手加減というかヨイショがね、大切なんだよね。
まぁそこんところは悟浄くんもさして上手とは言えなかったけど。

伸び悩んでいる千歳に代わり七海を猛プッシュする、それが事務所の方針。
しかしそれは千歳をバッサリ切り捨てるというわけではなく、
責任感と対抗心を必要とさせる状況へと追い込むことで、
ちーさまをさらなる高みへと羽ばたかせるという意図によるもの。
ちーさまの承認欲求の高さからすれば狙い通りになりそうですが・・・。
前々からちょくちょく食らっていたネガティブ評価が、
ボディブローのように今になって地味~に効いてきているのでしょうね。

まとめ

てなわけで今回はチヤホヤされなくなってしまった千歳の意気消沈。
前ほどではないにしろ今もしっかり事務所のフォローは受けているわけで、
これでこのまま折れてしまうのであれば自業自得と言わざるを得ない。
まっつんじゃないけど熱意と努力あるのみなので腐らずにやる気を出せ。
逆にクズPはやる気を出してはいけないw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ガーリッシュナンバー「第10話 闇堕ち千歳と失意のクズ」
ガーリッシュナンバー「第10話 闇堕ち千歳と失意のクズ」に関するアニログです。
[2017/01/01 21:38] anilog