窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ガーリッシュ ナンバー> ガーリッシュ ナンバー 第9話 焦燥千歳と疾走ルーキー

ガーリッシュ ナンバー 第9話 焦燥千歳と疾走ルーキー

ガーリッシュ ナンバー 第1巻(イベント優先販売申込券付 初回限定版) [Blu-ray]

ガーリッシュナンバー 第9話
千歳に代わる新たなシンデレラガールの登場。
以下感想

栄枯盛衰の理

千歳に代わる新たなシンデレラガールの登場。

それほど多くの人から待たれていない「クースレ」の2クール目がはじまり、
クズPが消え、代わりにフレッシュな新人声優がやってきた。
たった一人のクズが現場をお葬式にすることもあれば、
たった一人の天使が屍たちを蘇らせることもある。
ホント、人ひとりの影響力ってすさまじいよなぁ。

千歳に次ぐ次世代のシンデレラガール、桜ヶ丘七海。
千歳に代わり事務所の猛プッシュを受けるだけの容姿と実力を持ち、
あの「クースレ」を絶賛するほどの作品愛があり、やる気と謙虚さを兼ね備え、
年相応の初々しさがあるという、非の打ち所のないパーフェクト新人声優。
こりゃもうちーさまから彼女に乗り換えるっきゃない!
まぁ最初からちーさま推しってわけでもなかったですけどw

まとめ

てなわけで今回は千歳に代わるニュージェネレーションの登場。
一周回ってちーさまも新人だからとチヤホヤされる立場じゃなくなった。
まぁ栄枯盛衰と言いつつ別に衰退しちゃいないですし、
そもそもそこまで栄えていたってわけでもないのですけどね。
万葉の言う通りプロとしての自覚が必要とされる立場になっただけ。
しかし他力本願で周囲にばかり責任を求めるちーさまにそれが叶うとは・・・。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ガーリッシュナンバー「第9話 焦燥千歳と疾走ルーキー」
ガーリッシュナンバー「第9話 焦燥千歳と疾走ルーキー」に関するアニログです。
[2017/01/01 21:38] anilog