窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ガーリッシュ ナンバー> ガーリッシュ ナンバー 第6話 浜辺の千歳と通らぬ予算

ガーリッシュ ナンバー 第6話 浜辺の千歳と通らぬ予算

【Amazon.co.jp限定】 いただき☆ハイテンション 桜ヶ丘七海(cv.佐藤亜美菜)/SSS(全巻購入特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード付)

ガーリッシュナンバー 第6話
爆死作品の映像特典撮影と打ち上げ。
以下感想

天国と地獄

爆死作品の映像特典撮影と打ち上げ。

映像特典撮影という建前で、クズPは予算を使い込み沖縄旅行を敢行。
万葉が不機嫌なように、もはや何の仕事かわからん有様なのですが、
メインキャスト5人の親睦が深まった、その一点だけはプラスだったのかも。
万葉の気持ちはわかるけどせっかくの沖縄だし、どうせなら楽しんだほうがお得。
こういう姿勢だけは千歳から見習っておくべきなのでしょうね。

しかし弱肉強食の声優業界、いつまでも浮かれ気分じゃいられない。
沖縄気分が抜けないお気楽ちーさまを尻目に、
同じ事務所で似たような境遇の八重と京は着実にステップアップしていた。
持ち前の豪運は健在ながら完全に宝の持ち腐れで、
「クースレ」のお葬式ムードを一人で引き受けている状態。
まぁ売れない作品に引っ張られて売れない声優が出てくるのもよくある話か。

まとめ

てなわけで今回はなぜかなぜかの沖縄旅行。
仕事現場から離れた素の様子が描かれたことにより、
ちーさま以外の4人のキャラに味が出てきた一話でしたね。
そういう意味では非常に実写映像特典らしい回だったと言えるのかも。
こういう映像特典ってまったく観ないのでよくわかんないのですけど。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ガーリッシュナンバー「第6話 浜辺の千歳と通らぬ予算」
ガーリッシュナンバー「第6話 浜辺の千歳と通らぬ予算」に関するアニログです。
[2017/01/01 21:38] anilog