窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ステラのまほう> ステラのまほう #12 もう一度スタート地点

ステラのまほう #12 もう一度スタート地点

ステラのまほう 第2巻 [Blu-ray]

ステラのまほう 最終話
二回目の同人ゲーム即売会、そして三作目に向けて。
以下感想

わたしたちの ふゆこみは これからだ!

二回目の同人ゲーム即売会、そして三作目に向けて。

夏コミ当日、珠輝たちは委託先の売り子として手伝いに励む。
最終回らしく、関先輩の弟たちや部長さんのお母さん、
あと珠輝の回想で出てきたのぞみちゃん以外は全キャラ出演かな。
もちろん、第6話に出てきたスケベ、もといスケブのお姉さんも再登場。
エンディングまで到達できない致命的なバグ品を掴まされておきながら、
いまだにSNS部のファンでいてくれているとか超いい人だよなぁw

一方、会場の外では照先輩が糸目ちゃん&メイドさんの理解を求めていた。
あの照先輩さえも圧倒するとか、今作の最強キャラはやはり糸目ちゃんか。
最狂キャラの座はもちろん裕美音で確定ですけどねw
にしても、夏コミのあの地獄絵図を見せられたら、
普通の感性の持ち主なら逆にドン引きすると思うんだが・・・w

そして夏コミの打ち上げで、死んだ魚の眼の持ち主たちは場違いにも海へ。
一作目で自身の活動をはじめて形にし、二作目で創作活動の心得を会得し、
三作目にて珠輝は最初の目標である「自分のアイデアをゲームにする」を目指す。
珠輝のアイデアとなるとカッコイイおじさまが大量出演するゲームかぁ・・・、
需要は高そうだけどシナリオ考えるのがすっげぇ難しそうw

まとめ

てなわけでステラのまほうの最終回。
同人ゲーム作成に励む少女たちのイキイキとした姿を堪能できる一話でしたね。

最初はたまちゃんの可愛さで高ポイントを稼いでいたのですが、
回を重ねるごとにサブキャラたちの魅力も随分立ってきて、
最終的にはバランスの取れたいい作品に仕上がったなぁってカンジ。
はーちゃんとか糸目ちゃんとかが特に顕著な例ですね。
そして何と言っても鬼畜腐女子の裕美音が最狂すぎたw
惜しむべきはふよんちゃんの見せ場が少なすぎたところでしょうか。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/12/30 19:30 ] ステラのまほう | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ステラのまほう TokyoMX(12/20)#12終
最終回 第12話 もう一度スタート地点 夏コミまで残り7日。SNS部の皆の家に泊まり込んで制作に追われる日々。そして遂に、星屑のインテンツォーネは完成した。夏コミ初日に目覚ましをかけ忘れた珠輝。水葉が起こしに来て飯野家の車で送ってもらう。飯野姉も夏コミは一度経験したかったらしい。到着するも人の多さに感動する珠輝、迷子にならないように 手を繋いであげてもいいわよ。偶然にも裕美音と出会う、水葉と...
[2016/12/31 08:01] ぬる~くまったりと
ステラのまほう「#12 もう一度スタート地点」
ステラのまほう「#12 もう一度スタート地点」に関するアニログです。
[2017/01/01 21:39] anilog