窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> 響け!ユーフォニアム2> 響け!ユーフォニアム2 第六回 あめふりコンダクター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

響け!ユーフォニアム2 第六回 あめふりコンダクター

響け!ユーフォニアム2 1巻 [Blu-ray]

ユーフォ2期 第6話。
全国大会出場を決めた久美子たちのブレイクタイム。
以下感想

あなたを思い続けます

全国大会出場を決めた久美子たちのブレイクタイム。

高校生活の華にして一年に一回の一大イベント、文化祭。
制服こそ違えど一応は同じメイド喫茶、
それで一年生組と二年生組でここまで差が出てしまうのは一体・・・w
麗奈が久美子たちと別のクラスなのが悔やまれますね。

実家にやってきた大嵐から逃れるため、
暴風雨の中外出をした久美子は、そこで滝先生とバッタリ遭遇。
そこで久美子は滝先生から、「滝先生の妻」のことについて聞かされる。
この日は滝先生にとっても特別な日だったようで、
滝先生にしては珍しく感傷的だったように感じます。

「母校である北宇治高校を全国で金賞に導くこと」が滝先生の亡き妻の願いで、
それを叶えることこそが滝先生の原動力であった模様。
言われてみれば至極納得で、そのくらいの強い思いがなければ、
あれほど熱心かつ容赦のない指導はできないでしょう。
そして、あくまで自分は指導者で主役は生徒たちというスタンスを崩さす、
その強い思いをひた隠しにし続けてきたあたりがまたステキですね。

まとめ

てなわけで今回は全国大会に向けた練習開始の前の、少々のブレイクタイム。
これまで謎に包まれていた滝先生の胸の内が語られた一話でした。
こんな話を聞かされたとあっちゃ、久美子としても金賞を目指すしかなくなる。
そして麗奈が滝先生の妻のことを知るのもそう遠い話ではない気がしてきました。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

響け!ユーフォニアム2「第六回 あめふりコンダクター」
響け!ユーフォニアム2「第六回 あめふりコンダクター」に関するアニログです。
[2016/12/08 17:38] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。