窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ステラのまほう> ステラのまほう #7 はじめての思い出

ステラのまほう #7 はじめての思い出

ステラのまほう 第1巻( イベントチケット優先販売申込券&抽選会参加券付 ) [Blu-ray]

ステラのまほう 第7話
珠輝と裕美音、2人のはじめての思い出。
以下感想

脅威の腐女子フィルター

珠輝と裕美音、2人のはじめての思い出。

藤川先輩からの「一緒に子作りしよう(作詞をしよう)」というお誘い。
珠輝は裕美音から借りていた作品の影響からか勘違いを爆発させ、
珠輝に影響を与えていた裕美音はそれ以上の暴走っぷりを見せる。
うわ~、こんなにもクレイジーな知恵の輪を見るのは生まれてはじめてかもw
大丈夫じゃねぇのはお前の脳みそだよってカンジですよねぇww

今でこそ裕美音が珠輝の保護者的ポジションに立っているわけですが、
珠輝が出会った頃の裕美音は病弱なこともあって超消極的かつ陰気で、
対する珠輝は天然なのは今と変わらずですが、
とにかくめげないへこたれない諦めない、超積極的な娘だった。
この溢れんばかりのアグレッシブさ・・・、確かにこれは「攻め」ですわw

珠輝が裕美音と仲良くなるためにたどり着いた手段こそが「ゲーム作り」
つまりは珠輝の今があるのは裕美音との思い出があったからこそであり、
裕美音の今もまた珠輝の影響によるところが非常に大きいわけですが・・・。
こんなにも美しく感動的なエピソードの一体どこに、
こんなにも狂気に満ちた怪物が生まれる要素があったのでしょうか?w

まぁ本人的にはとっても充実しているみたいなので大いに結構なのですけどねww

まとめ

てなわけで今回は珠輝と裕美音のはじめての思い出。
BGMも相まって軽く泣きそうになるほどの良エピソードだったのですが、
その感動を腐りきった今の裕美音が見事にぶち壊していきましたねw
あぁ、キレイだった頃の裕美音が遠くに感じる・・・ww
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/11/29 22:35 ] ステラのまほう | CM(0) | TB(1)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ステラのまほう「#7 はじめての思い出」
ステラのまほう「#7 はじめての思い出」に関するアニログです。
[2016/12/02 16:38] anilog