窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> ガーリッシュ ナンバー> ガーリッシュ ナンバー 第5話 ちょけった千歳とぼこぼこ評価

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ガーリッシュ ナンバー 第5話 ちょけった千歳とぼこぼこ評価

Bloom TVアニメ(ガーリッシュ ナンバー)オープニングテーマ

ガーリッシュナンバー 第5話
「クースレ」の放送も回を重ね、千歳と作品に視聴者からの審判が下る。
以下感想

A級戦犯筆頭

「クースレ」の放送も回を重ね、千歳と作品に視聴者からの審判が下る。

アニメ「クースレ」がクオリティ/評判ともに見事な低め安定の中、
千歳は(主題歌が)推定1万枚の大人気声優としてわかりやすく図に乗っていた。
前回だかで「本編に合っていない」と誰かがコメントしていましたし、
曲自体が抜群にいいのか、もしくは声優目的で売れているのどちらか。
で、仮に後者の場合、明らかに人気声優の百花や万葉の存在が大きいはず。
完全に「虎の威を借る狐」なので道化もいいところですが、
そんな状態での発言が妙に的を射ているのがまたなんとも・・・w

で、あれやこれやと分割1期のアフレコが終わったり、
Blu-ray第1巻予約特典のお渡し会が催されたりと声優活動が進んでいく中、
千歳は心無い視聴者たちからの辛辣な意見に心痛め、涙することとなる。
まぁ実際千歳は棒だし、対面はおろか画面越しでも調子乗ってるのが滲み出てるし、
新人声優三人の中で真っ先に槍玉に挙げられてしまうのも仕方がない。
かといって、果たして生放送視聴者の何%が「クースレ」ファンかも定かじゃない。
まぁ千歳も、「まとめサイト」で得た知識のみで便乗してくる知ったか連中も、
どっちもクズってことでFAでしょうねw

そしてそもそもにして、千歳がゴミ声優なのは確かだとしても、
「クースレ」のクオリティの低さは、一人の主演声優の演技力の如何程度で、
どうこうなるレベルを遥かに超えている。
声優すら理解できないちんぷんかんぷんなシナリオにプルップルな絵。
製作関係者のほとんどは心身ともに限界間近か、匙を投げるかのどちらかで、
特に監督は過労死寸前で原作者は精神崩壊と、まさに呪いのアニメってカンジ。
この調子だと、クズP、間違いなくそのうち誰かに刺されるよなぁ・・・。
もし場外乱闘で流血事件にまで発展したらホント、(死)神がかってるわww

まとめ

てなわけで今回は千歳の視聴者界隈でのボロクソな評価と、
闇が深すぎる「クースレ」の製作現場の様子について。
千歳についてはまぁ概ね自業自得なので特になんとも。
というかアレですよね、千歳って結局のところブラコンなだけなんですよね。
悟浄くんがいっそ思い切って目一杯ヨイショしてみれば改善する気もしてくる。
一方の監督や原作者は逆にあまりにも気の毒すぎて何も言えないですw

で、そんなこんなで万策尽きまくりの「クースレ」制作現場なのですが、
どうやらクズPの頭のなかには一発逆転の秘策があるらしい。
次回予告から察するに、主演5人の水着姿を撮影し、
それを円盤特典に放り込もうって算段っぽいですね。
いまさらアニメ本編で挽回できる要素もなさそうなので、
せめて骨だけは拾ってやるのが情けというものかw
それに、おまけがメインでメインがおまけなんて、今時よくある話ですし。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ガーリッシュナンバー「第5話 ちょけった千歳とぼこぼこ評価」
ガーリッシュナンバー「第5話 ちょけった千歳とぼこぼこ評価」に関するアニログです。
[2016/11/05 12:08] anilog
ガーリッシュナンバー 第5話  『ちょけった千歳とぼこぼこ評価』
CDが売れて、大いに喜ぶ烏丸千歳。 しかし、片倉京は浮かぬ顔。 アニメの内容が気に入らないみたい。 人々には、不評なアニメだったのね。 出演している苑生百花や柴崎万葉にも いまいち、何が言いたいのか判らないアニメ作品だったのね。 ああ、ニ○ニ○動画では、烏丸千歳が叩かれていた! ああ、演技が下手だからね。 次話 『浜辺の千歳と通...
[2016/11/15 22:33] 奥深くの密林


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。