窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ステラのまほう> ステラのまほう #3 伝導アイテム

ステラのまほう #3 伝導アイテム

ステラのまほう 第1巻( イベントチケット優先販売申込券&抽選会参加券付 ) [Blu-ray]

ステラのまほう 第3話
SNS部の伝統、ゴールデンウィークの創作合宿。
以下感想

人は見かけによらない

SNS部の伝統、ゴールデンウィークの創作合宿。

伝統と言っても今年で創立二年目ですが、
SNS部の創作合宿を、今年は遠くて辺鄙な珠輝の実家で行うことに。
携帯はつながるし牛が歩いてたり狸が出たりはしないので、
某ド田舎コメディの舞台ほど極端な田舎でもなさそうですが、
学校からはかなり離れているみたいなので通学時間は相当かかっていそう。
今後待ち受けているであろう修羅場を考えれば、
珠輝の睡眠時間がちょいと心配になってきますね。

珠輝は部活動がはじめてながら入部一ヶ月で先輩を家に招いたり、
部長さんはネガティブながらロマンティストでおちゃめだったり、
おばあちゃんは鬼の形相で襲い掛かってきたりと、人は見かけによらない。
別に実際の鹿威しで遊んでいたわけじゃないですが、
にしてもブチギレた珠輝のおばあちゃんは夢に出てくるレベルで怖い。
ひょっとすると基本ゆるゆるな珠輝にもあんな一面が隠されているのかも・・・。

今回の合宿はシナリオ担当の関先輩がプロットを完成させることが一番の目的で、
関先輩はおばあちゃんにたっぷり絞られながらもなんとかプロットを完成させる。
さすがにメタメタしすぎるしヒロインの設定を活かしきれていない感があるものの、
BADENDの内容とそこからの分岐の発想はまさに天才のそれ。
何より、この「アイデア一つで勝負します」感がすごく同人っぽくていいですよね。

まとめ

てなわけで今回はSNS部の合宿、もといたまちゃん家へのお泊まり会。
おばあちゃんの裏の顔が怖すぎるわ、ゲームのシナリオがシュールすぎるわ、
裕美音のネタキャラ化がハンパないわ、お楽しみのお風呂シーンがあるわ、で、
これでもかというくらい見所満載の一話でした。
あのシナリオに今後どういう手直しが加えられるのか、
そして珠輝がこのシナリオにどのような絵をつけていくのか、
今後の期待も大いに膨らんできましたね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/10/26 23:15 ] ステラのまほう | CM(0) | TB(1)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ステラのまほう「#3 伝導アイテム」
ステラのまほう「#3 伝導アイテム」に関するアニログです。
[2016/10/27 10:38] anilog