窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> ガーリッシュ ナンバー> ガーリッシュ ナンバー 第1話 やさぐれ千歳と腐った業界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ガーリッシュ ナンバー 第1話 やさぐれ千歳と腐った業界

Bloom TVアニメ(ガーリッシュ ナンバー)オープニングテーマ

ガーリッシュナンバー 第1話
腐りきった声優業界を生きる、一人のゴミ声優の物語。
以下感想

声優って大変だ

腐りきった声優業界を生きる、一人のゴミ声優の物語。

人気も実力もゴミみたいな駆け出し声優の烏丸千歳。
売れたいという野心はあるけど情熱がない、根性がない。
他力本願な上に調子に乗りやすく、そして純粋に性格が悪い。
マネージャーが実の兄という温すぎる環境が、
彼女の舐め腐った態度に拍車をかけちゃっていますね。
まぁここまで図々しいと清々しいし、なんだか羨ましくも思えてきますw

昨今、声優という職業は、キャラに声を当てることだけが仕事ではない。
イベントでは客寄せパンダとしてファンに愛想を振りまき、
職場では次の仕事のために関係者に愛想を振りまく。
なので、陰ではいろんな人を糞味噌に貶してしまうのも必然なのかも。
とはいえ「ラノベ作家が絵の力で売れただけの勘違い連中」は言い過ぎ。
ほら、キャラ設定やらシチュエーションとかも重要なファクターですし、
三割ぐらいは作家本人の力量なんじゃないの?よくわからないけどw

そんなカンジでモブ役ばかりをこなす日々であった千歳に待望のチャンス到来。
超テキトーな企画にたまたま名前が挙がったってだけのなのですが、
焼肉を食いに打ち上げに顔を出したことがキッカケになっているわけで、
そういう意味では千歳の図々しさが仕事獲得に繋がったと言えなくもないはず。
でもって声優的には作品が爆死だろうがなんだろうが知ったこっちゃない。
駆け出し声優としては名前が売れれば万々歳なわけで、
むしろ稀代の問題作のほうがそこいらの凡作よりはオイシイかもしれませんねw

まとめ

てなわけでガーリッシュナンバーの第1話。
どうやらメディアミックス作品らしいですが、このアニメが初見になります。
声優、およびアニメ業界の腐った部分のみをフューチャーした、
さしずめ「KUROBAKO」と言った印象の作品ですね。

主人公をはじめ登場人物のほぼ全員が清々しいまでのクズ。
これならどれだけヒドい惨状になろうと笑って見ていられそうですし、
むしろそういう展開を望まずにはいられないってカンジですw
どれだけテキトーでも売れるときは売れるし、
逆に力入っている作品でも爆死とかザラにある。
そういう理不尽を描いていく(と、個人的に予想している)この作品が、
今期の新アニメ内でも図抜けて面白いというのはなんとも皮肉ですねw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ガーリッシュナンバー「第1話 やさぐれ千歳と腐った業界」
ガーリッシュナンバー「第1話 やさぐれ千歳と腐った業界」に関するアニログです。
[2016/10/18 09:08] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。