窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> 響け!ユーフォニアム2> 響け!ユーフォニアム2 第一回 まなつのファンファーレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

響け!ユーフォニアム2 第一回 まなつのファンファーレ

響け!ユーフォニアム2 1巻 [Blu-ray]

ユーフォ2期 第1話。
全国大会出場を目指す、久美子たちの夏がはじまる。
以下感想

全国を目指して

全国大会出場を目指す、久美子たちの夏がはじまる。

1期にて北宇治高校吹奏楽部は京都府大会を見事突破。
全国大会行きを賭けた関西大会に向け気合い十分、
陰で支えてくれていた二軍も着実に成長を遂げている、
部内の雰囲気は今、最高潮に高まっている。
校則で練習が休みの日でも外で自主練しようと企んでいたりと、
サボりまくっていた春先とは比べ物にならないモチベーションですね。
現金な連中だよなぁとも若干思いますが、可愛げがあるので良しとしますw

しかし、そんな部内の雲行きを怪しくさせる新たな問題が発生してしまう。
発生源はガチ勢がみんな辞めるという悲劇を経験した闇深き学年、二年生。
主力のはずなのに府大会突破の原動力には数えられていない学年で、
正直、部長やあすか先輩が辞めた後のことを想像すると激しく心配です。
マジで誰がこの部をまとめたり引っ張っていったりするのでしょうね?

渦中のお方は昨年吹奏楽部を退部した希美先輩。
「再び吹奏楽部に戻りたい」と、あすか先輩に頭を下げに来た。
部活を辞めるのが自由であれば、復帰するのだって自由のはずですが、
部内の人間関係を考えれば権力者の口添え、協力が欲しいところですね。
吹奏楽部に残っていた二年生的には決していい顔できない案件ですもの。

しかし、希美先輩の意図がそれだけであるのなら、
あすか先輩より100倍チョロい部長を頼りにしてくるはずです。
吹奏楽部の実質的な最高権力者があすか先輩だとしても、
部長は部長ですし、あすか先輩と違い当時のイザコザにも理解がありますし。
それでも希美先輩が手厳しいあすか先輩を訪ねてきたのは、
多分、それが彼女なりのケジメのつけかただからではないかと。
あのあすか先輩に復帰を認めてもらえるぐらいでなければ、
彼女自身が一度吹奏楽部から逃げ出した自身を許すことができないのでしょう。

ただ、新体制で府大会を勝ち抜き、関西大会を間近に控えた吹奏楽部としては、
そんな希美先輩の自己満足に付き合ってやる義理や暇は微塵もないですねw
自身の行動がどれだけ鎧塚先輩を苦しめているかなんて頭にないんだろうなぁ。
そんな彼女の「反省してますアピール」はただただウザいだけです。

まとめ

てなわけでユーフォ2期がはじまりましたね。
めんどくさすぎる人間関係のトラブル発生、さらに久美子と麗奈のデートと、
第1話からいきなり盛りだくさんってカンジか。
今期は1期以上に麗奈のデレが観れそうで楽しみです。

さて、2期でもトラブルを引き起こすのは暗黒学年の二年生。
あすか先輩はあすか先輩なりに希美先輩に警告をしているわけですが、
それをもろともしない、希美先輩の打たれ強さが逆に面倒ですね。
まぁ二年生の問題は二年生同士の間で解決すべきですし、
それに何時までたっても先輩におんぶにだっこじゃいられないでしょう。
そんなわけで夏紀先輩やデカリボン先輩の活躍に期待しておりますよ。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

響け!ユーフォニアム2 第1話 『まなつのファンファーレ』 しょっぱなから波乱の予感...アノ問題再び?
あれ冬?たしか1期のラスト夏だったような気が…もしかして時間飛んだ?と思ったら時間が戻った。良かった、関西大会負けて終わったから省略したのかと思った。全国大会へ向けて更なる練習に勤しむ北宇治高校吹奏楽部。新しくパーカッションのコーチも入れて更なるレベルアップを目指します。 北宇治OBで大学は滝先生の同期、現在プロだそうです。この学校ってプロの演奏者出すレベルだったんですね。見た...
全ては瞬く間に/響け!ユーフォニアム2 1話感想
 2度とは訪れない時間。
[2016/10/12 22:35] Wisp-Blog
響け!ユーフォニアム2
響け!ユーフォニアム2に関するアニログです。
[2016/10/15 08:38] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。