窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ダンガンロンパ3-The End of 希望ケ峰学園> ダンガンロンパ3-The End of 希望ケ峰学園 未来編 #06~12 絶望編 #06~12 &希望編

ダンガンロンパ3-The End of 希望ケ峰学園 未来編 #06~12 絶望編 #06~12 &希望編

ダンガンロンパ3 −The End of 希望ヶ峰学園− Blu−ray BOX II 〈イベント優先販売申込券付き初回生産限定版〉 [Blu-ray]

かなり遅くなりましたが、
ダンガンロンパ3の感想です。

絶望編

希望ヶ峰学園77期生が「絶望」に堕ちるまで。

超高校級の「絶望」、江ノ島盾子(と戦刃むくろ)は、
77期生+雪染を洗脳(物理込み)と七海処刑によって「絶望」へと染め上げる。
肝心要の手段が「洗脳技術」というのは、
小物的すぎる手段で、江ノ島らしからぬ手段で、少々残念だったかなぁと。
七海の処刑もそうで、何の罪もない人間をオシオキしてもただ悪趣味なだけ。
1のオシオキは仲間を裏切った代償だからよかったんですよ。

とはいえ御手洗や逆蔵の小物故の苦悩、ゲロ豚罪木の度し難い性癖、
さらにはカムクラを生み出した希望ヶ峰学園の暗部と、
希望ヶ峰学園がそもそも抱えていた闇が、
この絶望的結末の一端となっていたのは個人的には良かったです。
まぁカムクラは良くも悪くも絶望編では傍観しかしていませんでしたがw

そんなわけで、この絶望編における江ノ島の対抗馬としては、
人工的な超高校級の「希望」であるカムクラ、ではなく、
病的なまでに「希望」に執着する狛枝であったのではないかと。
江ノ島が絶対的な「絶望」の踏み台として77期生たち「希望」に目をつけたように、
狛枝は絶対的な「希望」の踏み台として江ノ島たち「絶望」に目をつけた。
実際どうだったのかまではわかりませんが、
この絶望的な結末は狛枝にとっても望むところだったような気がします。
ほら、狛枝だけは洗脳前後で変わらずトチ狂っていましたしw

未来編&希望編

未来機関メンバーを対象とした新たなコロシアイゲームの真相は・・・。

此度のデスゲームの黒幕は、未来機関会長の天願和夫。
そして「全員が被害者で全員が襲撃者だった」というオチ。
コロシアイをせずみんなで協力して脱出しようという苗木が大正解でしたね。
絶望の残党は雪染と偽月光ヶ原を除き一人も紛れていなかったわけなのですが、
「誰しも絶望になりうる」、これこそがこのゲームのキモだったのでしょう。

天願の狙い通りコロシアイが加速すればそれで良し、
逆に誰も絶望とならず、そもそもコロシアイに発展しなかったとしても、
それはそれで良しという二段構えのスタンス。
まぁ巻き込まれた側としてはたまったもんじゃないわけですがw
特に78期生とグレートと万代、あと黄桜は何一つとして落ち度がありませんし。

最終的にコロシアイゲームで78期生と宗方、御手洗を除く全員が死亡。
天願の狙い通り御手洗は「洗脳による絶望の駆逐」という暴挙に走ってしまう。
戦犯は黒幕の他には宗方、雪染、逆蔵、流流歌、そして御手洗ってところかな。
まぁ雪染は江ノ島に洗脳(物理)を喰らっていましたし、
宗方も境遇的に疑心暗鬼に落ちても仕方ないと思う。
逆に流流歌は同情の余地がないし、御手洗に至ってはすべての元凶と言える。
逆蔵は・・・、途中から一周回って可愛く思えてきましたねw

で、暴走する御手洗を、覚醒したカムクラ日向、
さらには元に戻っていた77期生が説得し、事件は無事終結。
そもそも77期生の一員としての御手洗は詐欺師のほうの御手洗で、
アニメーターの御手洗としては77期生とほとんど縁がないはずですが・・・。
まぁぼっちにとって友達という存在はそれだけ大きかったってことなのでしょうw

まとめ

てなわけで今さらながらダンガンロンパ3の感想でした。
過去と未来の同時進行という試みは斬新で面白かったですが、
一作品で包括して振り返ってみると少々残念な内容だったかなぁと。
肝心である犯行のネタがアレだったってのももちろんありますが、
日向や77期生の復活劇が作中では描かれなかったのが大きいかな。
総じて、原作の1や2ありきの作品だったってところでしょうか。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 3240 ] Re: ダンガンロンパ3-The End of 希望ケ峰学園 未来編 #06~12 絶望編 #06~12 &希望編
>肝心要の手段が「洗脳技術」というのは、
小物的すぎる手段で、江ノ島らしからぬ手段で、少々残念だったかなぁと。

ぶっちゃけ原作ファンにとっても残念だった部分です。
どうやって、あのタフそうな(罪木と西園寺を除く)77期生を絶望に落としたのかと思えば、
単なる映像による洗脳(それも借り物の技術)とは・・・
2には、各メンバーが絶望落ちした伏線らしきものもチラホラ出てたんですが、
全く活かされませんでした。

まあ、よく考えたら、真っ当に心の闇をついて落とすとかのやり方だったら、
絶対に1クールにおさまりませんでしたね。
1クールの間に、77期生の学園生活、江ノ島の暗躍、77期生の絶望落ち、その全てを描くのが
どだい無理のある話だったんだと思います。

>過去と未来の同時進行という試みは斬新で面白かったですが、
一作品で包括して振り返ってみると少々残念な内容だったかなぁと。

同時進行という構成を活かすために、双方の物語に繋がりを作ろうとしたのはわかるんですが、
その結果、双方の物語で御手洗の洗脳技術がメインを張り、
サスペンス・ミステリーとしても闇落ちモノとしても残念な事になった印象がありますね。

>肝心である犯行のネタがアレだったってのももちろんありますが、
日向や77期生の復活劇が作中では描かれなかったのが大きいかな。

もし2の詳しい内容をお知りになりたいなら、
↓のブログで、かなり詳しい内容を書いてくれてましたよ
http://kodoku21.blog83.fc2.com/category109-0.html
ダンガンロンパの外伝の小説の感想もあるので、
ご興味があったら、どうぞ
[ 2016/10/13 20:03 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animationに関するアニログです。
[2016/10/15 08:38] anilog