窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

この美術部には問題がある! 第7~12話 

この美術部には問題がある! 2(Blu-ray初回生産限定版)

かなり遅くなりましたが、
この美術部には問題がある! 第7~12話の感想です。

問題しかない美術部

無自覚フラグクラッシャーを相手とした、宇佐美みずきの孤軍奮闘の日々。

第6話から美術部の愉快な仲間の一員となった伊万莉まりあ。
趣味のことになると若干の痛さとウザさを発揮するものの、
基本的には友達思いの良識人で、完璧美少女の通り名に偽りなし。
みずきの引き立て役として損な役回りだったと言えるかもしれない。
内巻以外にコレットさんとも趣味のつながりで親しくなっていましたが、
片やヒーロー好き片や邪気眼持ちと、全面戦争発展不可避でしょうw

物置部屋に二人っきりで閉じ込められたり、
自宅どころか自室にまで内巻を招き入れちゃったりと、
後半戦でのみずきはなかなかオイシイイベントに恵まれていた。
照れ性のせいもあって成果に結びつかないのはご愛嬌で、
逆に自覚なく謎のライバルキャラを誘惑しちゃうあたりが、
淫乱うさぎの真骨頂だったと思いますw

まとめ

てなわけで今さらすぎるこの美術部には問題がある!の感想でした。
みずきの恋心がギャグ展開へ発展する様子ももちろん面白かったですが、
個人的にはちょくちょく出てくる幼女キャラに心癒される作品だったなぁと。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

この美術部には問題がある!「第12話 これからさきも」
この美術部には問題がある!「第12話 これからさきも」に関するアニログです。
[2016/10/15 08:38] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。