窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!> Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第7話 人形とぬいぐるみ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第7話 人形とぬいぐるみ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第1巻 [Blu-ray]

プリズマイリヤ4期 第7話。
イリヤを襲う人生最大級の不幸とは・・・。
以下感想

Don't think, fancy.

イリヤを襲う人生最大級の不幸とは・・・。

美遊お姉ちゃん思いのエリカと、エリカに従順なアンジェリカによって、
イリヤは意識と肉体を分離され、意識をぬいぐるみの中に入れられてしまう。
倫理観の欠片もなく善悪の判断がまるでできていないエリカも大概ですが、
人間の精神を無価値と断言してしまうアンジェリカも相当ヤバイ。
二人共ぞっとするほど共感能力というか想像力が足りておらず、
そこが魔法少女としての空想力を持つイリヤとの決定的な差であり、
ひいては今後の戦いを左右する重要な要素になると思います。

身動きのとれないぬいぐるみにされてしまっただけでも壮絶なのですが、
躁鬱ゴスロリに首をもがれかけたり、痴呆年増二人に処分されかけたり、
ネズミにハグハグされたり、此度のイリヤの受難は留まるところを知らない。
絵面があまりにもマヌケすぎるのでそんな気はしてこないですが、
どれもこれもトラウマ必至の地獄なんですよねぇw
こんな目に遭いながらよく挫けなかったなぁと感心するレベルです。

空想の力は∞、魔法少女にやってやれないことなどない。
もはや意識のみで魔法少女でもなんでもないはずのイリヤですが、
ぬいぐるみの身体で動き回ったり、喋ったり、挙句の果てには変身したり、
常識の範疇を優に超えた数々の偉業を成し遂げていく。
これほどまでに嬉しくない魔法少女変身シーンって前代未聞だよなぁ・・・。
まぁこれまでの変身シーンもそこそこヒドいものでしたがw

まとめ

てなわけで今回はぬいぐるみ化したイリヤを襲う数々の受難について。
「ドライ」は総シリアスとどこかで聞いていたのですが、
この回に限って言えば120%コメディでしたねぇw
特にイリヤのツッコミのキレは歴代でも屈指のレベルでしたww
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!「第7話 人形とぬいぐるみ」
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!「第7話 人形とぬいぐるみ」に関するアニログです。
[2016/09/27 08:08] anilog