窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> Re:ゼロから始める異世界生活> Re:ゼロから始める異世界生活 第21話 絶望に抗う賭け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

Re:ゼロから始める異世界生活 第21話 絶望に抗う賭け

Re:ゼロから始める異世界生活 4 [Blu-ray]

Re:ゼロ 第21話。
絶望の霧を纏った魔獣、白鯨討伐後半戦。
以下感想

弱者の足掻き

絶望の霧を纏った魔獣、白鯨討伐後半戦。

白鯨がいきなり3体に増えた、最高戦力のヴェル爺もボロボロ。
しかしそんな状況でもスバルは必死に頭を回転させ続け、
白鯨の狙いを看破すると同時に一発逆転の秘策まで編み出すと共に、
そんなスバルの姿が戦意喪失しかけていた兵士の心に火をつける。
スバルの頑張りもそうですが、ここはやっぱりクルシュの演説力の高さでしょう。
次期王様ってクルシュ以外に考えられるの?ってカンジですw

スバルの命知らずかつ突飛過ぎる秘策が炸裂。
この策の実行だけで三,四回ぐらいは「死に戻り」しても不思議じゃないですねw
そしてスバルの策で身動き取れなくなった白鯨に、ヴェル爺が引導を渡す。
タイミング良くお目覚めになられて、見事に美味しいとこ取りしちゃっているのですが、
ぱっくんちょ前までは最前線で身体張っていましたので、当然の報酬かな。

前人未到の白鯨討伐、それによる討伐隊の消耗は激しかったのですが、
義理堅いクルシュがスバルへの恩義や好意を忘れるわけもなかった。
おかげさまで、スバルは予想していたよりも遥かに多くの戦力を確保しましたが、
それとはまた別の方向で新たな懸念事項が発生することに。
クルシュと交わした友好の契り、これまでずっと一緒だったレムの離脱。
そもそも帰還組は白鯨との戦いで消耗しきったメンツで構成されている。
・・・これは、なんかもう悪い予感しかしてこないですよねぇ。

まとめ

てなわけで今回はヴェル爺の宿敵である白鯨との決着。
絶望的な状況でも決して諦めないスバルの機転が光る一話でした。
まったくもって、どういう神経をしていればあんなムチャを思いつくのやら。
というか、スバルって第2章から高いところから落ちてばっかりですよねぇw

そんな白鯨との死闘も、本番前のウォーミングアップ、前哨戦でしかない。
いくら魔女の力の一端を担っているとはいえ、相手は同じ人間なわけで、
直接的な戦闘力では今回倒した白鯨のほうが上でしょう、きっと。
しかし、明確な悪意をもって襲いかかってくるからこそ逆に恐ろしいとも言える。
白鯨戦と同じかそれ以上にスバルの閃きが肝心になってくるでしょうね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。