窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ダンガンロンパ3-The End of 希望ケ峰学園> ダンガンロンパ3-The End of 希望ケ峰学園-未来編 #02 Hang the witch

ダンガンロンパ3-The End of 希望ケ峰学園-未来編 #02 Hang the witch

ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- Blu-ray BOX I (初回生産限定版)

ダンガンロンパ3 未来編 第2話。
再び絶望のゲームが幕を開け、次々と犠牲者が発生する。
以下感想

KOROSIAI GAME

再び絶望のゲームが幕を開け、次々と犠牲者が発生する。

苗木たちが参加させられた此度のコロシアイは人狼ゲームそのもの。
参加者全員が一定時間行動不能になる「襲撃タイム」が設けられており、
その間に活動可能な襲撃者が参加者のうち一人だけを殺害していく。
ポイントは、一度に殺されるのは一人のみと明示されていますが、
襲撃者が必ずしも一人だけとは限らない、ってことですね。

そして此度のゲームのキモとなるのが、参加者に各々設定された「NG行動」
参加者たちの急所でありながら使い方次第じゃ無実を証明する武器になる。
もちろん今後の襲撃者探しの糸口にもなるのでしょうが、
「あの妙な言動はNG行動によるものでは?」という疑念が付きまとうため、
特に情報の少ない序盤ではむしろ推理を阻害する要因になりそうかな。

此度のゲームの一番の特徴は、1での学級裁判や人狼ゲームと違い、
参加者側の対抗方法が規定されていない点ですね。
「疑わしきは問答無用で殺せ」派の宗方と、
「たとえ殺されようとも誰も殺すな」派のグレートの対立もそもそもはそのせい。
あれこれ指示されずともちゃんと自分たちで考えて行動しましょうね、という、
コロシアイ学園生活よりは若干大人向けのゲームでしょうかw

宗方やグレートは考え方が極端すぎるとして、他の面々は、
「魔女狩りの必要性はわかっているが、情報が少なすぎる今は性急である」
と常識的な考えをしているはず(というかそうであってほしい)。
なのに強引に話を推し進めるから余計な反発を招き、統率が取れなくなる。
(そもそも今回行われた多数決は多数決にすらなってないですしね)
他にも、霧切の「各々のNG行動を共用するべきでない」という提案も、
元超高校級の探偵である霧切らしからぬ悪手でしたし・・・。
まぁ宗方は雪染の死が、霧切は彼女自身のNG行動が、
二人をそういった非合理的な行動へと誘ったのでしょうけど。

まとめ

てなわけで今回は此度のゲームのルール説明。
とても天才集団のそれとは思えないダメダメすぎる初動、
1からの継続キャラである朝比奈の死と、絶望感のハンパない一話でした。
朝比奈はもういない、葉隠はそもそもゲームに参加していない。
この先の物語、何を癒やしにして観ればいいのかわかりませんね。

そしてルール説明とゲームの1周目が終わったことで、
いよいよここから襲撃者探しが本格スタート。
朝比奈の死んだ状況から素直に推測すれば、
苗木、グレート、月光々原の誰かが襲撃者(の一人)となるわけですが・・・。
わざわざ、真っ先に疑われるとわかっている状況で犯行に及ぶものなのか、
仮にそうだとしても、それにはそれで別の意図ががあるのではないだろうか?
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation「第2話 CHAPTER 01 イキキル (非)日常編」
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation「第2話 CHAPTER 01 イキキル (非)日常編」に関するアニログです。
[2016/07/26 06:17] anilog