窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> 甲鉄城のカバネリ> 甲鉄城のカバネリ 第12話 甲鉄城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

甲鉄城のカバネリ 第12話 甲鉄城

甲鉄城のカバネリ 2(完全生産限定版) [Blu-ray]

甲鉄城のカバネリ 最終話。
無名を救うため、生駒はその命を燃やす。
以下感想

俺はカバネリだ!

無名を救うため、生駒はその命を燃やす。

来栖と共に死の都と化した金剛郭へと到着した生駒は、
失った右腕に代わるロックバスターツラヌキ筒とカバネリ波動で、
立ちはだかるカバネと狩方衆を次々と蹴散らしていく。
特に限界寸前の生駒の姿はアメコミのダークヒーローの如き禍々しさ。
蒸気機関の設定といい「黒煙」と化した無名の暴れっぷりといい、
「こういうのをやりたかった」という制作陣の趣向が伝わってきます。

そして無名のもとへとたどり着いた生駒は美馬との決戦に挑む。
二人の戦いは泥臭いプロレスも込みでかなり見応えがありましたが、
最後の、美馬がそーっと生駒に襲いかかるところだけは、
あまりにもシュールすぎて唖然としてしまいましたねw
狡い割には合理性がないし、信念がある割にはこだわりを感じられない。
私の理解力がないだけかもしれませんが、
美馬は最後の最後までよくわからんキャラでした。


生駒によって元に戻された無名は、美馬との決別を果たし、
来栖、そして生駒を連れて甲鉄城のみんなとの合流を果たす。
そして生駒もまた美馬の手向けによって暴走状態から生還する。
なんだかんだで無傷でカバネの群れを切り抜けた来栖が地味にすごい。
もっと来栖に焦点を当てたエピソードとかも観たかったですね。

まとめ

てなわけで「甲鉄城のカバネリ」の最終回。
美馬、無名と美馬の(個人的には)微妙すぎる決着といい、
ほぼ無意味に殺されただけだったおデブ君の無念といい、
予想通りとはいえいろいろと残念な部分の多い最終回でした。

おそらくいろんなところで腐るほど言われているでしょうけど、
途中までは名作だったのに美馬が出てから一気に落ちてしまいましたね。
こういうサバイバルものでモノ言わぬバケモノをドラマに組み込むのは困難で、
人vsバケモノから人vs人へと物語がシフトするのは必然と言えます。

よってその部分には触れずに問題点を挙げるとすれば、
やはり後半の最重要人物である美馬の掘り下げの甘さでしょうね。
「己の弱さに勝てなかった臆病者」というのはかろうじてわかりましたが、
それ以外の人となりがあまりにもわかりにくく、感情移入できませんでした。
上記の理由から美馬一人を悪者にするのはよろしくないのですが、
これじゃ美馬にヘイトが集まるのも仕方ないですよね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/07/03 23:40 ] 甲鉄城のカバネリ | CM(0) | TB(1)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

甲鉄城のカバネリ「第十ニ話 甲鉄城」
甲鉄城のカバネリ「第十ニ話 甲鉄城」に関するアニログです。
[2016/07/05 06:18] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。