窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 坂本ですが?> 坂本ですが? 第11話 ぬくもりはいらない/1-2メモリーズ

坂本ですが? 第11話 ぬくもりはいらない/1-2メモリーズ

坂本ですが? 2(Blu-ray)

坂本ですが? 第11話。
坂本君と雪遊びデビューとあっちゃんの闇堕ち。
以下感想

月と夜光虫

坂本君と雪遊びデビューとあっちゃんの闇堕ち。

小学4年生まで北海道で育ったあっちゃんは、
はじめて積雪を見た坂本くんに、雪遊びがなんたるかを教えようとしますが・・・。
別に相手にされていないわけでも侮られていたわけでもないと思いますが、
雪遊び中に都会人から身体を気遣われることは雪国育ちには相当な恥みたい。
心底どうでもいい。無駄すぎるプライドですねw


気づけばもう年度末、クラスメイトたちは(主に坂本君との)1年間を振り返る。
ゴリラがいたり半裸デブがいたり、このクラス、かなり濃いメンツが揃っているのですが、
それでもやはり坂本君の存在感が頭一つ抜け出ているか。
1年4組メモリーズに盛り上がるクラスメイトに対し、
深瀬の洗脳でテンション下落中のあっちゃんが妙にシュールですねw

まとめ

てなわけで今回は年度末、あっちゃんの闇落ち。
あっちゃんの空回りっぷりが面白かったので文化祭回ほどではないけど、
やっぱり深瀬が出張ってくるとどうもなぁ・・・、ってカンジの一話でした。
高校生相手にはしゃいでないでさっさと卒業しろよ。こいつはw

そして深瀬に洗脳されきったあっちゃんが卒業式をぶっ壊す。
坂本君は主役じゃないし、深瀬は3年生だけど関係ないし、
ただあっちゃんが停学か退学をくらうだけという、無意味すぎるイベントですね。
まぁ深瀬は自分が出席できない卒業式が気に入らなくて仕方がないのでしょう。
可哀そうなやつだからみんなで盛大に送り出してやろうじゃないですか。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/07/03 22:05 ] 坂本ですが? | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL