窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> Re:ゼロから始める異世界生活> Re:ゼロから始める異世界生活 第13話 自称騎士ナツキ・スバル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

Re:ゼロから始める異世界生活 第13話 自称騎士ナツキ・スバル

TVアニメ「 Re:ゼロから始める異世界生活 」後期エンディングテーマ「 Stay Alive 」

Re:ゼロ 第13話。
感情を暴走させ続けるスバルは、ついにエミリアの失望を買ってしまう。
以下感想

君のため、自分のため

感情を暴走させ続けるスバルは、ついにエミリアの失望を買ってしまう。

スバルはお偉い様方の前で、騎士を相手に思いっきりやらかす。
さらには騎士相手に決闘を行い盛大にボコられた挙句、
エミリアとも気持ちがすれ違ってしまい、失望されてしまう。
スバルもスバルですっげぇカッコ悪いんだけど、騎士も騎士で相当カッコ悪い
立派なこと言いながらも弱い者いじめしかしていないんだよなぁ。

今回のスバルは本当に惨めで醜くてどうしようもなかったわけですが、
彼の置かれた状況を考えれば気持ちはよくわかるんですよ。
ただ、自分の気持ちを察してもらいたいのであれば、
まず相手の気持ちを理解しようとする姿勢を見せる必要がありますよね。
感情をただぶつけるだけの行為をコミュニケーションとは呼ばない。
今回を機にスバルがそのことに気づいてくれればいいんですけどねぇ。

一方のエミリアも言っていることは100%正論ですけれど・・・。
王様ってのは人々の願望の受け皿でもあるわけですので、
たったひとりの男のワガママにここまで心動かされているようじゃ、
とても王様になんてなれっこない、この先「王選」を勝ち抜けるわけもない。
エミリアがどういった理由で王を目指すのかはわかりませんが、
彼女の出自を抜きにしても王としての資質があるといは思えませんね。

まぁエミリアは偏見の目で見られることに慣れているはずですので、
今回あれほどエミリアがスバルに激昂したのは、
それだけエミリアにとってスバルが「特別」だった証拠とも言える。
厳密には「自分を特別扱いしない『特別な存在』」なのですけど。
各々にとって特別な相手に違いないのですが、
各々の中での「特別」の意味合いが見事に食い違っている。
これこそが今回のスバルとエミリアの仲違いの根っこの部分の原因であり、
これについては「死に戻り」や「王選」以前の問題と言えるでしょうね。

まとめ

てなわけで今回はスバルとエミリアの仲違い。
スバルはどうしようもなく幼稚だったし、エミリアも思ったほど大人じゃなかった。
なかなかイライラさせられるしドン引きもする展開ですけれど、
まぁ生暖かい目で二人を見守り続けるとしましょうか。
どうせスバルの株はここからさらに下がっていくことになりそうですし。

で、今後の問題は、此度の死のループのセーブポイントが、
今回のやりとりの前となるのか、後になるのかですね。
おそらくは後者になるだろうと予想しているのですが、
そうすると今回でエミリアの信用を失ったのが非常に大きな痛手になる。
この様子だと此度のループは前回以上の難題になること必至ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。