窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 迷家-マヨイガ-> 迷家-マヨイガ- 第12話 ナナキは心の鏡

迷家-マヨイガ- 第12話 ナナキは心の鏡

迷家-マヨイガ-1 [Blu-ray]

迷家-マヨイガ- 最終話。
「人生やり直しツアー」の終着点。
以下感想

人それぞれ、ナナキもそれぞれ

「人生やり直しツアー」の終着点。

光宗×真咲×スピードスターの三角関係の結末。
そもそも光宗の惚れっぽい性格が事態を激しくややこしくしていたのですが、
最終的には光宗自身の精神的成長がすべてを解決した形となりましたね。
まぁ光宗が真咲にこれほど入れ込む理由が最後まで理解しがたかったため、
自分でもビックリするぐらい感情移入できませんでしたけど。

で、ブーメランを投げまくるラスボスのこはるんもまた、
本当は父親の身を案じている心優しい女性に過ぎなかった。
目的のためなら他人を、自分自身をさえも実験道具にする。
さすがは親子なだけあって両者とも見事な研究者気質ですね。
にしてもトランシーバーって、携帯みたいに流暢に通話できるものだったっけ?

レイジの導きもあって、ツアー参加者(の過半数)は納鳴村を後にする。
中盤までは魔女狩りとか言ってあれほど大騒ぎしていたのに、
帰るときには打って変わってほぼ全員が緩みまくり。
結局、「現実に帰りたくない」という気持ちこどがナナキの根源なわけで、
疲れ果ててお家に帰りたくなったらあっさりと帰れてしまうものなんでしょうねw


まとめ

てなわけで「迷家-マヨイガ-」の最終回。
唐突にカップリングが乱立したり破局したり、
蓋を開けてみれば何の苦もなく現実に帰れたり、と、
今までのは何だったんだ?感の強い結末でしたねw
まぁ「人それぞれ」というテーマ通り、
最後まで各々進みたい方向へ進んでいったのはよかったかな。

ミステリー作品としてはあまりにもアレすぎでしたけど、
シュールギャグ作品としてはなかなか楽しむことができました。
主にらぶぽん、あとは発注ミスとケツ君とか、魅力的なキャラもいましたし。
一方で、最終回まで見て顔と名前がわからない連中が多かったことから、
30人以上いる登場人物のうち、半数は不必要だったでしょうね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/07/03 10:55 ] 迷家-マヨイガ- | CM(0) | TB(1)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

迷家‐マヨイガ‐「第十ニ話 ナナキは心の鏡」
迷家‐マヨイガ‐「第十ニ話 ナナキは心の鏡」に関するアニログです。
[2016/07/05 06:18] anilog