窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ばくおん!!> ばくおん!! 第12話 もしものせかい!!

ばくおん!! 第12話 もしものせかい!!

【Amazon.co.jp限定】ばくおん!! 第2巻(初回限定版)(全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト全巻収納BOX・ドラマCD引換シリアルコード付) [Blu-ray]

ばくおん!! 最終話。
もしもこの世にバイクがなかったら・・・。
以下感想

バイク、それはバカの乗り物

もしもこの世にバイクがなかったら・・・。

バイクに乗り始めて1年余り、ようやくバイクを転かした羽音は、
教習所時代の相棒「バイ太」と運命の再会を果たす。
こうして男?の身体を取り戻した時点で、そもそも教習所を退役した時点で、
「金のために身体を売ったバイクの思念」は天に召されそうな気もしますが・・・。
その後も普通に健在なことから、バイ太も早川同様死ぬ気は毛頭なさそうかw

本屋のレジで思いっきり恥をかかされた腹いせか、
羽音はジーザスによって「バイクのない世界」へ送り込まれてしまう。
ただの使いきりキャラかと思わせておいてこの男、
なんだかんだでたづ子や猿山先生と同じくらい出番がありましたね。
というか第4話の「バイクは神の乗り物」ってマジ話だったのかよw

「スーパーカブ」に代表される「働くバイク」については話が別でしょうけど、
もしバイクがこの世に存在していなかったとして、困る人はほとんどいないと思う。
快適さでも安全でもエコでも健康的でもない、あるのはただ一つ、ロマンのみ。
だからこそバイクは一定の人々の心をつかんで離さないし、
(今作においては)バイク乗りには頭のおかしい人しかいない。
まぁこの世にバイクがあろうがなかろうが、
バイク部の部員は変わらず頭おかしかったですけどねw

まとめ


てなわけで、ばくおん!!の最終回
過去最大級にトチ狂ってるけど、それ以上に感動的な内容でしたね。
まさかあの羽音が最終的にここまで好印象のキャラになるとは・・・。
前半までは本当にただの知障としか思っていたのでホントびっくりです。

感想の総括としては、「いい意味で悪ふざけが過ぎる作品だったなぁ」
強いて言えば全体的にオチが少しだけ弱めでしたが、
気が狂ってるとしか思えないネタの数々は非常に面白かったです。
まぁ一番面白いのは、バイク販促アニメだったはずなのに、
不思議と全然バイクがほしくならなかったところですねw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/07/03 05:20 ] ばくおん!! | CM(0) | TB(1)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ばくおん!!「第12話 もしものせかい!!」
ばくおん!!「第12話 もしものせかい!!」に関するアニログです。
[2016/07/05 06:18] anilog