窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> 迷家-マヨイガ-> 迷家-マヨイガ- 第11話 バスに乗れば唄心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

迷家-マヨイガ- 第11話 バスに乗れば唄心

TVアニメ「迷家-マヨイガ-」オリジナル・サウンドトラック

迷家-マヨイガ- 第11話。
忘れ物を取り戻すため、光宗は再び納鳴村を目指す。
以下感想

心の拠り所

忘れ物を取り戻すため、光宗は再び納鳴村を目指す。

ケツ君やジャックがボスと慕う此度の黒幕、こはるん。
ツアー参加者の中で、ヴァルカナやスピードスターみたく、
ムダにトラウマが強そうで簡単に落とせそうなチョロい男を選別し、
手練手管でトラウマを刺激し、ナナキを強大化させる本物の魔女。
だけど基本的に今作には生粋の悪人はいなさそうなので、
こはるんにもこはるんなりの使命ってやつがあるのでしょう、多分。

ナナキの中には世にも恐ろしいバケモノもいれば、
一方でレイジや運転手の娘のように人間と見紛う亡霊じみた存在もいる。
パット見、運転手と死んだ娘による感動の1シーンなのですが、
これがただのオッサンの脳内劇場かと思うと痛さ100倍ですよねぇw

で、この点については真咲にも共通している部分でしょうね。

一足先に自らの心の傷と向き合ったよっつんや運転手の協力もあり、
光宗はトチ狂った美影やらぶぽんに襲われていた真咲のもとへたどり着く。
真咲はこれまでずっとレイジという架空の存在を心の拠り所にしていた。
だからこれまでも真咲は誰にも心を開いていなかったのでしょうけど、
その真咲が今回、レイジではなく光宗に助けを求めた。
この変化こそが真咲の此度の成長であり、光宗の努力の成果なのでしょう。

まとめ

てなわけで今回は光宗の納鳴村への帰還。
一足先にナナキを受け入れたよっつんや運転手の姿に感動の一話でしたね。
二人共ただのネタキャラかと思いきや、気づけばすごく良いキャラに変貌してた。
逆に終始変わらずネタキャラを貫くケツ君や美影、らぶぽんには安心感を覚えますw

さて、気づけば物語も大詰め。
真咲については上記の通り救済の兆しが見えているわけで、
注目はらぶぽんにトラウマを一層刺激されたスピードスターですね。
とはいえこちらは光宗とスピードスターで考え方がこじれているだけ。
光宗が、「"スピードスターにとって"どういう自分になりたいか」
をちゃんと示せば、二人の食い違いも直るのではないかと思います。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/06/19 22:55 ] 迷家-マヨイガ- | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

迷家 TBS(6/17)#11
第11話 バスに乗れば唄心 ナナキを受け入れずに切り離した人々は やる気が失せて眠くなる。レイジと会ったナンコ、リオン、マイマイとヴァルカナ以外は 眠くて仕方ない。レイジの説明を話しても要領を得ず伝わらないマイマイに 怒り出すヴァルカナ。 ジャックと氷結が火矢を射掛ける。その二人と対峙する4人。ボスは偉大で聖母のような人。話を聞いてくれて理解してくれた。ボスがコハルンだと知る4人。1人ではな...
[2016/06/20 01:15] ぬる~くまったりと
迷家‐マヨイガ‐「第十一話 バスに乗れば唄心」
迷家‐マヨイガ‐「第十一話 バスに乗れば唄心」に関するアニログです。
[2016/06/20 05:39] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。