窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> 迷家-マヨイガ-> 迷家-マヨイガ- 第10話 苦しい時の神様頼み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

迷家-マヨイガ- 第10話 苦しい時の神様頼み

TVアニメ「迷家-マヨイガ-」オリジナル・サウンドトラック

迷家-マヨイガ- 第10話。
納鳴村と、そこに出現する「ナナキ」の正体とは・・・。
以下感想

忘れ物

納鳴村と、そこに出現する「ナナキ」の正体とは・・・。

納鳴村の正体は「心的外傷が具現化する(=ナナキ)場所」
そしてナナキもまたその人の心の断片に違いなく、
身体から切り離したままでいると人間として成立しなくなってしまうらしい。
スピードスターやらぶぽん、美影あたりは、
トラウマが強固すぎて逆に自分を保っていられているっぽいですが、
このままじゃ正気を失うのも時間の問題で、結局結末は一緒。
まぁ上記三人は現時点でいろいろと手遅れな気もしますがw

「神様」の話を信じると、納鳴村から脱出するためには、
ナナキを失うか、もしくはナナキを受け入れるかのどちらかが必要っぽい。
となると、再度納鳴村に立ち入るためには複雑な条件を満たす必要がある。
一つは、元の世界でもう一度新たにトラウマを拵える。
もう一つは、中途半端にトラウマを残した状態で脱出する、ですね。
前回、最後に現れたナナキが通常時より小さくなっていたことから、
光宗は二つ目の条件を満たした稀有な例に当たるのでしょうか。

で、納鳴村に二度足を踏み入れた真咲も多分光宗と同じ状態。
中途半端にナナキを切り離して脱出に成功したのであれば、
彼女のナナキは今もまだ納鳴村に留まっている道理なので
その正体こそがマイマイたちの前に現れたレイジなのでしょう。
残る疑問点は、レイジの正体が現実には存在しない幻であることを、
真咲本人は自覚しているのか、それとも自覚していないのか、です。
これまでの真咲の言動からだとどっちの可能性も考えられますね。

まとめ

てなわけで今回は納鳴村とナナキの正体について。
クライマックス間近らしく物語が唐突に激しく動きまくる一話でしたね。
そういえば、黒幕の正体はやっぱりこはるんでしたね。
意外性がなさすぎて逆にビックリでしたw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/06/13 00:50 ] 迷家-マヨイガ- | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

迷家 TBS(6/10)#10
第10話 苦しい時の神様頼み 病院で目覚めた光宗を抱きしめる父親。TVでも人生やり直しツアーが大々的に報じられている。日々心配の電話が鳴り響きノイローゼ気味の父親。また殺してしまったのねと呟いた母親。状況は理解していたが現実を受け止められないでいた。事件の最初に行ったことは表札から名前を消すこと。それで光宗の苦しみを理解したのだった。 光宗を発見して入院の世話をしてくれた人から手紙が届く。屋...
[2016/06/13 06:11] ぬる~くまったりと
迷家‐マヨイガ‐「第十話 苦しい時の神様頼み」
迷家‐マヨイガ‐「第十話 苦しい時の神様頼み」に関するアニログです。
[2016/06/14 05:38] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。