窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第827話 トットランド

ONE PIECE 第827話 トットランド

ONE PIECE ワンピース 17THシーズン ドレスローザ編 piece.24 [Blu-ray]

かな~~り遅れましたが、
ONE PIECE 第827話の感想です。

お菓子の国

世界中の全種族とお菓子が揃う万国、「トットランド」

ビッグ・マムが治める「トットランド」は、
お菓子だけでなく様々な人種が揃っており、差別なく暮らしている。
ミンク族のペコムズがビッグ・マム海賊団に与しているのも、
白ひげ亡き後魚人島が傘下に入ったのも、おそらくこれが理由。
さすがは海の皇帝の一角、人種などという些細な枠組みは気にしない。
・・・まぁ「懐が深い」と評するのはちょっと違う気もして、
単に一番大切なもの(お菓子)以外は心底どうでもいいだけではないかと。


そんなルフィにとっても夢の国で最初に出会ったのは、
ビッグ・マムの娘にしてサンジの結婚相手であるプリンであった。
とりあえず外見に関してはビッグ・マムに似つかわぬ美少女。
写真詐欺だと信じて疑っていなかったので違う意味で裏切られましたw

まとめ

てなわけでビッグ・マムの居城たる「トットランド」」への上陸。
ドレスローザの例もあることですし裏がありそうな予感もしますが、
見た目上ではまさに夢の国ってカンジですね。

随分前から思っていたのですが、
ビッグ・マムは趣向的に四皇の中では取り引きのしやすい相手。
まぁルフィの性格的にも四皇のプライド的にも、
そういう平和的な解決はまず望めないかな、
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/06/20 22:50 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL