窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> Re:ゼロから始める異世界生活> Re:ゼロから始める異世界生活 第8話 泣いて泣き喚いて泣き止んだから

Re:ゼロから始める異世界生活 第8話 泣いて泣き喚いて泣き止んだから

Re:ゼロから始める異世界生活 1 [Blu-ray]

Re:ゼロ 第8話。
恐怖心を隠すため、ハイテンションに振る舞ってみせるスバルですが・・・。
以下感想

空元気

恐怖心を隠すため、ハイテンションに振る舞ってみせるスバルですが・・・。

スバルはロズワール邸でのループを突破するため、
元ヒキニートとは思えぬ過剰な労働意欲と空元気を見せるが・・・。
現状ではレム&ラムとの親密度をどこまで上げればクリアなのかが不明瞭。
だからスバルは目の前の仕事に全力を尽くす以外に選択肢がなく、
結果、力加減がよくわからなくなってしまっているってカンジか。

そしてそれ以上に、あのバカまるだしなハイテンションは、
スバルの心に巣食う恐怖心を押し殺すためためのものであった。
「死に戻り」の能力で肉体的には不滅でも精神的には限界がある。
泳ぐのをやめては死んでしまうマグロのように、
ヘタにテンションを下げてしまえばその瞬間に心が死ぬ。
そういう段階にまでスバルの精神は追いつめられてしまっている。
そもそも、常人が体感する苦痛の4倍以上を体感しつつ、
まだマトモな判断力を保っていられるだけ大したものですよ。

そんなこんなで外見と中身がグッチャグチャなスバルを見かねたエミリアは、
スバルの願望「膝枕」で限界ギリギリだったスバルの心を癒やしてくれた。
確かに、この世界ですべてを知っているのはスバルのみで、
その境遇を誰かに打ち明けることはできない。
しかし、だからといって何もかもをスバルが一人で背負う必要はない。

可能な範囲で他人に甘えてもいいし、力添えを頼んだっていい。
大体、スバル一人のチカラでどうこうできる事柄なんて微々たるものですしね。

まとめ

てなわけで今回は女神エミリアたん癒やしの膝枕。
空元気でハイテンションを装うスバルが本当に気の毒で仕方がない。
「クソウザいけどそれ以上に可哀想」という真新しいジャンルを確立しましたねw

そしてエミリアたんのおかげで、物語はいよいよ佳境、呪術師探しへ。
我らがドリルロリがいれば百人力、なのでしょうけど、
ベアトリス一人の活躍でハッピーエンドじゃちょいと味気がない。
来たる呪術師戦には、同じく今ループの宿敵であるレム&ラムが、
どのような働きをするのかに期待しております。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Re:ゼロから始める異世界生活 第8話 泣いて泣き喚いて泣き止んだから
エミリアたんマジ天使
[2016/05/26 14:46] ゴマーズ GOMARZ