窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.351 死闘

HUNTER×HUNTER No.351 死闘

HUNTER X HUNTER32 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

クロロの手札

ヨークシン編、GL編を経て、ヒソカ念願のバトルがついに実現。

場所は変わり、バトルマニアのメッカ、天空闘技場。
そこでヒソカとクロロは約束の死闘をついに実施することに。
いくら団長のためとはいえ、旅団の中でもリアリストで通っているシャルナークが、
自らの命に等しい能力(と愛用の携帯)を譲渡するとは思えない。
まぁ経緯はさておくとして、この死闘に対するクロロの本気度は伺えますね。

クロロの新能力「栞のテーマ」は、「盗賊の極意」の弱点を克服する能力で、
1.世界最高峰の体術を、好きな能力を一つ使用しながら100%発揮できる
2.多少の制約こそあれど、全く異なる二つの能力を同時に使用できる
・・・ここまでチートすぎると、メルエムよろしく死亡フラグとしか思えないなw

「栞のテーマ」はそれだけのチート能力なだけあって、
ただでさえ多くの制約を抱える「盗賊の極意」にさらに厄介な制約が増えたらしい。
「ただの殺し合いだからこそ戦い方が重要」というセリフが制約っぽいですが、
「番いの破壊者」による初撃は完全に不意打ちだったため、
ゲンスルーのように「能力の説明が能力発動のキー」って線はないと思う。
予め使用する能力数を宣言していることから、
「一定時間内に使用できる能力数に制限がある」ってところかな。
それでもすでに使用している二つの能力を含め計五つってのは強力すぎなので、
他にもまだ明かされていないいくつかの制約を抱えているのでしょうね。

まとめ

てなわけで今回は打って変わっていきなりヒソカvsクロロの開催。
暗黒世界編が盛り上がりつつある今、いきなりこの戦いかよってカンジ。
まぁ二人の約束から現実時間ですでに15年とか経っているので、
いきなり実現したって言うのもなんだか違う気がしますけれどw

両者の言うとおり、本当に待ちに待った念願の戦いなので、
痛み分けとかそんな生ぬるい結末が許されるわけもない。
とはいえ両者共非常に好きなキャラなので、
ここでどちらかが退場してしまうというのもそれはそれで惜しいという、
楽しみな半面ちょっぴり残念な複雑な心境だったりします。
個人的にはヒソカよりもクロロに勝ってもらいたいところなのですが・・・。
まぁひとまずは、クロロの圧倒的手札にヒソカがどう対応するかに注目ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/04/30 21:55 ] HUNTER×HUNTER | CM(2) | TB(0)
[ 3208 ] Re: HUNTER×HUNTER No.351 死闘
>いくら団長のためとはいえ、旅団の中でもリアリストで通っているシャルナークが、
自らの命に等しい能力(と愛用の携帯)を譲渡するとは思えない。

とはいえ、自分を雲の一部と割り切ってるクロロが、自衛のためだけに団員の能力を盗んだとも思えないんですよね。
そもそも、あんな人の目が集まる場所での決闘に応じるなんて、何か怪しい気がするんですよね・・・
[ 2016/05/03 20:20 ]
[ 3211 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> とはいえ、自分を雲の一部と割り切ってるクロロが、自衛のためだけに団員の能力を盗んだとも思えないんですよね。
> そもそも、あんな人の目が集まる場所での決闘に応じるなんて、何か怪しい気がするんですよね・・・

そうですね。
つまりは「クロロによるヒソカの排除」こそが、
旅団の生存のために最も優先すべきこと、と、団員全員が納得している。
そしてそのためには今のクロロの手札では足りないと認識していることになります。
旅団の連中にそこまでの危機感を与えるヒソカがやっぱりスゴイのでしょうね。
[ 2016/05/16 00:19 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL