窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> Re:ゼロから始める異世界生活> Re:ゼロから始める異世界生活 第4話 ロズワール邸の団欒

Re:ゼロから始める異世界生活 第4話 ロズワール邸の団欒

TVアニメ「 Re:ゼロから始める異世界生活 」オープニングテーマ「 Redo 」【通常盤】

Re:ゼロ 第4話。
死のループを乗り越え、スバルの新たなる生活がはじまる。
以下感想

ゼロから始める執事生活

死のループを乗り越え、スバルの新たなる生活がはじまる。

ドリル幼女、ステレオメイド、変態ピエロ、そして真打ちエミリアたん。
九死に一生を得たスバルが目を覚ましたのは、
異世界生活のスタンダードと言えるお屋敷であった。
そしてこれだけ濃いメンツに囲まれながら、
少しも薄まることのないスバルのウザさがある意味スゴいw
コイツはアレだな、ハブられまくった末にヒキニートになったクチだなww

エミリアたんはロズワールの後ろ盾を受けている王様候補の一人、
でもってエミリアたんが失くした徽章は王位継承権そのものであり、
すなわちそれを取り戻したスバルはこの屋敷における大恩人であると。
そんなスバルは褒美としてこの屋敷で"働く"権利を選択する。
異世界転生で労働意欲に目覚めるとは、ヒキニートにしては見上げた心がけ。
まぁせっかくの異世界生活を無為に過ごしてもしょうがないですもんね。

汗水たらしてせっせと働き、エミリアたんとのデートの約束をゲット。
しかしそんな楽しい時間は唐突に、そして本人も気づかぬ間にリセットされる。
おそらくはスバルのこれまでの人生の中で一番充実した時間だった。
だからこそスバルが受ける精神的ショックは相当なものであるはず。
スバル目線では何一つとして落ち度が見えないところが一層キツイですね。


まとめ

てなわけで今回は新章突入、ゼロから始める執事生活。
スバルのウザさが度を過ぎていてなかなかしんどい一話でしたが、
このウザさこそが今後の物語で活きてくることになるのだと思う。
ここから追いつめられていくスバルの落ち込みっぷりに注目してます。

わけもわからず「死に戻り」が発動したことから、
誰が、何を目的として、自身を殺めたのかを探るところから始める必要がある。
順調すぎた一周目とはどこかで異なる選択をしなければならないのがツラい、
そして信頼を置いていた屋敷の人間を疑る必要があるのがツラいところです。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Re:ゼロから始める異世界生活 テレ東(4/24)#04
第4話 ロズワール邸の団欒 目覚めると知らない天井。そこはメイザース辺境伯ロズワールの屋敷だった。勝手に出歩くが広すぎて迷う、適当に入ると金髪ドリルの ベアトリスと遭遇。無礼だとマナを奪われて失神する。 再び目覚めると双子のメイドの毒舌が聞こえる。エミリアも部屋を訪れる。庭でエミリアを誘ってラジオ体操を始めるスバル。パックも危なかったと礼を述べるのでご褒美にモフモフする。スバルには敵意も害意...
[2016/04/26 06:42] ぬる~くまったりと
Re:ゼロから始める異世界生活 第4話 ロズワール邸の団欒
新キャラのギャルズが可愛いぞおおお
[2016/04/28 04:33] ゴマーズ GOMARZ