窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 甲鉄城のカバネリ> 甲鉄城のカバネリ 第2話 明けぬ夜

甲鉄城のカバネリ 第2話 明けぬ夜

【Amazon.co.jp限定】甲鉄城のカバネリ 1(メーカー特典:「B2リバーシブルポスター」付)(全巻購入特典:「描き下ろしB2タペストリー」、全巻購入メーカー特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

甲鉄城のカバネリ 第2話。
人間とカバネの狭間に存在する者、「カバネリ」
以下感想

カバネではなく、人間でもない

人間とカバネの狭間に存在する者、「カバネリ」

取り残された菖蒲たちの前に現れた無名は、
驚異的な戦闘力でカバネを退け、甲鉄城への道を開く。
その戦上手っぷりは頼もしいったらありゃしないのですが。
どうやら彼女が全力で戦える時間には厳しい制限がある模様。
多分、能力を使い過ぎるとウイルスの侵食が進んでウンタラカンタラ。
まぁそのぐらいのハンデがなけりゃチートすぎてつまんないですもんね。

ツラヌキ筒の実力は本物で、カバネについての研究も間違ってなかった。
そのことに一人で勝手に舞い上がっていた生駒でしたが、
変わり果てた彼を見た人々の反応は彼の期待とは真逆のものであった。
どれだけ正しかろうと生駒の行動は所詮独りよがりでしかない、残当ですね。
一方で、主君だろうが命の恩人だろうがカバネであるなら容赦はしない、
武士としてあるべき姿勢を一貫している来栖への好感度はグッと上がりました。

無名曰く、彼女と生駒は人間ともカバネとも違う存在、「カバネリ」らしい。
二人を見る限り、ウイルスに脳を侵食されず人間としての意思を保ったまま、
カバネとしての超人的な身体能力と鉄の心臓を手に入れたハイブリットってところ。
少なくとも無名やその周囲は、カバネに噛まれても助かる術を知っていた。
ではなぜ前回、カバネに噛まれた無名のお付きは早々に自決したのか?
そもそもなぜ「カバネリ」の存在は公にされていないのか?

前者については「カバネリ」になるためにはいくつか条件がある証拠であり、
後者については政治的な意図が隠されているような気がします。

まとめ

てなわけで今回は死都と化した駅からの脱出劇。
Aパートは無名の圧倒的華麗な戦闘シーンに夢中、
Bパートはどこまでも自分本位な生駒の咆哮に夢中、
一時たりとも目が離せない、まさにそんな一話でした。

さて、息もつかせぬ1話と2話を経て、
次回はあれやこれやと湧いて出てきた疑問に答えてくれるのかな。
カバネじゃないけど人間でもない「カバネリ」に対して、
人々がどのような反応を示すのかが見所ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/04/24 20:30 ] 甲鉄城のカバネリ | CM(0) | TB(3)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

甲鉄城のカバネリ フジ(4/21)#02
第二話 明けぬ夜 カバネ化を止められた生駒、ツラヌキ筒でカバネを倒すことにも成功した。逞生が訪れてウイルスも止められたと話す。避難所に到着した無名、四方川家の状況を見て決断する。菖蒲は父の言いつけを守って家を守り伝令を待っていた。駿城が動かせる侑那の存在を確認する。。甲鉄城に向かう道を切り開くためにカバネを倒す。 無事に到着して乗車を待つ人々。生駒を検閲するが匂いでカバネじゃないと告げる無名...
[2016/04/24 23:33] ぬる~くまったりと
甲鉄城のカバネリ 第2話 『明けぬ夜』 強くて可愛い無名に相変わらず熱い生駒...武士ども良いところなし。
俺は踏みとどまった!でもそんな生駒をみんなが受け入れてくれるのか。そう思ったらやっぱり大変な目に遭いましたね。  カバネにならずカバネの力を手に入れた言わばデビルマン生駒。そして嬉しさのあまり巧にツラヌキ筒を自慢する。じゃあお前は無事…。いやカバネに噛まれた。正直過ぎるのも考えもの。巧ちょっと引き気味です。 無名の戦闘服キタ!そして戦闘シーン動きまくり。武士道もがカバ...
甲鉄城のカバネリ「第ニ話 明けぬ夜」
甲鉄城のカバネリ「第ニ話 明けぬ夜」に関するアニログです。
[2016/04/27 03:38] anilog