窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第823話 ざわつく世界

ONE PIECE 第823話 ざわつく世界

ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

4年に一度の大祭り

「世界会議(レヴェリー)」に向け、世界中の要人が動き出す。

4年に一度、聖地マリージョアで行われる「世界会議(レヴェリー)」
その会議に出席するため、世界各地の要人が一斉に動き出す。
アラバスタにはじまり、頂上決戦、そしてドレスローザ。
この2年少々で世界はあまりにも大きく揺れ動き、
それが今回の「世界会議」の注目度の高さにつながっていると。
特に新世界の裏を牛耳るドフラが倒れた現状について、
世界政府側がどう捉えているのかは非常に気になりますよね。

サンジ奪還に向かうルフィたちが、ルフィのムチャにぐったりしたり、
思いがけない闖入者に驚いていたりした一方で、
これまた世界を震撼させる一大事件が世論に賑わせていた。
そりゃ白ひげに替わる四皇の一角となった黒ひげにかかれば、
革命軍の殲滅ぐらい朝飯前なのかもしれませんが、
だからといってこのまま革命軍が壊滅とは決してならないはず。
世界政府の打倒を目論む革命軍が、特に元ゴア王国貴族のサボが、
「世界会議」を前に倒れるなんて絶ッッッ対にありえないでしょうから。


まとめ

てなわけで今回は「世界会議(レヴェリー)」に向けざわめきだす世界について。
こうして世界全体を巻き込むうねりが見えてくると超テンション上がっくる。
それもこれも、「頂上決戦」という偉大すぎる前例があるからでしょう。
この圧倒的なスケール感が今作最大の長所なんだなぁと再認識した一話でした。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/04/18 23:05 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL