窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第821話 承知した

ONE PIECE 第821話 承知した

ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

象主の声

巨像の雄叫びと、ルフィとモモの助のみに聞こえる声。

普通の象でも蜂一匹に大騒ぎするもの、生ける伝説はその実ただの老体。
左前脚一点狙いの砲撃によって象主は苦しみの雄叫びを上げる。
そして雄叫びとは別に、ルフィとモモの助のみ大声が聞こえてくる。
「万物の声が聞こえる」というのは、かのロジャーも備えていた特別な能力。
聞こえるだけじゃ会話までできるモモの助以下じゃん、と思いがちですが、
実際はそんなことはまったくなく、まさに海賊王に相応しいチカラでしょうね。

モモの助は象主の声を聞き取り、かつ会話までしてみせた。
同じように古代兵器ポセイドンのしらほしは、海王類と会話することができた。
つまりこの二人の能力は種族限定の特化型なのではないかと。
そして彼らと近しいチカラを持ち、かつ万物に通じるルフィのチカラは、
チカラに目覚めた彼らを導き、束ねることこそが真価なのではないかと思います。

モモの助の許しを得て行われた、象主のたった一度の反撃は、
ジャックを船団ごと木っ端微塵に蹴散らしてしまった。
これでカイドウ一味の幹部の一角が早々に崩れたわけなのですが・・・。
ドレークはカイドウの配下に、カポネはビッグ・マムの配下に加わっていた。
そしてキッドたちの同盟の命運がどうなったかはまだわからない。
今週の表紙で「四皇編」と大々的に銘打っていましたが、
その実、「最悪の世代」同士のサバイバルゲームになるのではと思っています。


まとめ

てなわけで今回は「万物の声が聞こえる」「特定生物と意思疎通ができる」
という、海賊王や古代兵器につながる重要設定について描かれた回。
ここのところのモモの助の成り上がり感がハンパないですねw
この調子だといずれしらほし共々、
麦わら大海賊団の一角としてとんでもない働きをしてくれるかも。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/04/06 01:30 ] ONE PIECE | CM(1) | TB(0)
[ 3206 ] Re: ONE PIECE 第821話 承知した
古代兵器の力を受け継ぐものがルフィの元に集まるという展開になっていくんでしょうかね?
確かに四皇や世界政府と渡り合っていくなら、
最終的には、そのくらいの戦力が必要になってくるかもしれませんね。
[ 2016/04/08 20:22 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL