窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 無彩限のファントム・ワールド> 無彩限のファントム・ワールド 最終話 永遠のファントム・ワールド

無彩限のファントム・ワールド 最終話 永遠のファントム・ワールド

無彩限のファントム・ワールド 1 [Blu-ray]

無彩限のファントム・ワールド 最終話。
晴彦たちチームEは、阿頼耶識社の強化ファントム「エニグマ」に挑む。
以下感想

人間とファントム

晴彦たちチームEは、阿頼耶識社の強化ファントム「エニグマ」に挑む。

一人何役もこなす超有能なアルブレヒトのおかげで、
晴彦たちは「エニグマ」の驚くべき正体を知ることに。
すべてのはじまりが阿頼耶識社なら、此度の事件の元凶もまた阿頼耶識社。
特異能力者の情報を阿頼耶識社に報告していた先生も半分クロ。
ただ、「エニグマ」があんなエロい身体に強化したことだけは高く評価しますw

「エニグマ」は人類を支配するため阿頼耶識社に侵攻する。
母親を守るためにその阻止に挑む晴彦は、
実はバックアップ的存在だったルルを介して奪われた能力を取り戻す。
絵面的にはフィギュアにくちづけするヤバイやつだし、
相手が自分自身ということから一種の自慰行為とも言えますねw

そして能力を取り戻した覚醒晴彦の活躍で、チームEは「エニグマ」に劇勝する。
なんで能力が戻っただけで急激に強くなってるの?とは思いましたが、
ルルは晴彦の抑圧された精神が具現化したもの≒晴彦の母親への感情であり、
多分、母親の気持ちを知った晴彦の心境の変化が能力に反映されたのでしょう。
要は晴彦と母親、二人の願望が、夢幻の域を超えた暗示とも言えるのでしょうね。

個人的にはこの母親に対していろいろ納得いかないところがありますが、
まぁそれをあえて言うのは無粋ってものでしょう。

まとめ

てなわけで「無彩限のファントム・ワールド」の最終回。
ラストバトルらしくものすごく動くバトルシーンは本当に素晴らしかった、
反面、ストーリーは主に阿頼耶識社関連が描写不足感が否めない。
前回の予想通り、これはこれでとてもよくできているんだけど、
なんだかもったいないことしてるよなぁってカンジの最終回でした。
設定的にもっとシリアス寄りな作風が合ってる気がするんですよねぇ。

とはいえ、初回第8話のようなエロアホらしい話もよかったわけで、
だから安易にシリアスに振ればよかったとも言えないわけで・・・。
まぁ序盤~中盤といい、この最終回といい、蓋を開けてみれば無難な作りで、
だから結局記憶には残らない作品だったってところでしょうか。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

無彩限のファントム・ワールド TokyoMX(3/30)#13終
Final episode 永遠のファントムワールド 晴彦は能力を奪われたが無事。しかし昏睡状態の母親。現在の夫が晴彦を呼び止めて、母親は今も罪の意識に 苛まれていたことを告げる。 ルルは以前と異なり他人行儀で礼儀正しい。阿頼耶識社の上層部はエニグマに関して情報の隠蔽を行っていると 感じる小糸。サーバに接続できるデバイスを使ってクラッキングすると決意する。アルブレヒトは有能、修理も完成させて...
[2016/03/31 22:03] ぬる~くまったりと
【無彩限のファントム・ワールド】第13話『永遠のファントム・ワールド』キャプ付感想
無彩限のファントム・ワールド 第13話『永遠のファントム・ワールド』 感想(画像付) ルルちゃんは春彦の作り出したファントム。 奪われたのと同じ能力がルルちゃんの中にもあっただと!? エニグマと違い、人間は成長することが出来、それが晴彦の勝因となる! 召喚ファントムもカッコ良くなって(笑) 最終回らしく主人公も活躍し大団円♪ …って、7巻の未放送エピソードのCMに全部...
[2016/03/31 22:45] 空 と 夏 の 間 ...
無彩限のファントム・ワールド 第13話「永遠のファントム・ワールド」
無彩限のファントム・ワールドの第13話を見ました。 第13話 永遠のファントム・ワールド 母の身体を乗っ取っていたエニグマに能力を奪われた晴彦はエニグマに逃げられてしまう。 阿頼耶識社の病院で入院中の母は眠ったまま起きず、ルルは様子がおかしくなってしまう。 小糸がエニグマの痕跡を辿るも、エニグマの居場所を見つけ出すことができない。 そんな時、アルブレヒトによって阿頼...
[2016/03/31 22:53] MAGI☆の日記
週刊少年マガジン18号 感想
『七つの大罪』がセンターカラーでした。 この漫画は初期のキャラクターが現在でも活躍してるのがいいですね。 パワーバランスの悪さというか、インフレ具合は目立ちますけどね。 以下ネタバレあり。
[2016/03/31 23:36] こう観やがってます
無彩限のファントム・ワールド 第13話「永遠のファントム・ワールド」(終) 感想
最終話で明かされるアルブレヒトの有能っぷり。 話的には人工知能やアンドロイドの逆襲みたいな感じかな。 自業自得感があります。人間側の。 以下ネタバレあり。
[2016/03/31 23:37] こう観やがってます
無彩限のファントム・ワールド 第13話(終)「永遠のファントム・ワールド」感想
エニグマによって能力を奪われ、母親も昏睡状態になり落ち込む晴彦。 ルルの様子もおかしくなり、その原因もエニグマにあると推測された。 すべての元凶であるエニグマを危険視し、見つけ出そうとする小糸は以前に阿頼耶識社で拾得した端末を利用。 アルブレヒトに阿頼耶識社のサーバーをハッキングさせ、エニグマの情報を引き出す事に成功する。 エニグマが阿頼耶識社によって...
[2016/03/31 23:58] アニメ色の株主優待
無彩限のファントム・ワールド 第13話
  無彩限のファントム・ワールド第13話です。 この展開はなんでしょうか。2次元ドリームノベルスなのでしょうか。   最終話「永遠のファントム・ワールド」 晴彦ママは眠ったままです。 エニグマは逃亡中。 晴彦が気になるようです。 晴彦ママの今の夫から絵本をもらいました。 美人ですね~。余裕でいけます。 妙にべたべた触ってくる舞ちゃんw そこからの首絞め。おっぱいを当ててる...
[2016/04/01 00:05] アニメグラフィティ
アニメ感想 16/03/30(水) #無彩限のファントム・ワールド 第13話(終)
無彩限のファントム・ワールド 第13話『永遠のファントム・ワールド』(終)今回は・・・最終回ですね。予想通り、あの端末が出てきました。まだ修理が終わってなかったけど・・ ...
[2016/04/01 03:06] ニコパクブログ7号館
夢中になった本だもの/無彩限のファントム・ワールド13話感想
 4話から夢中で見させていただきました(`・ω・´)ゞ 遅いのでトラバは明日。
[2016/04/01 23:31] Wisp-Blog
無彩限のファントム・ワールド #13 「永遠のファントム・ワールド」<終>
最後にCMが持ってっちゃったよw。 「無彩限のファントム・ワールド」の最終話。 能力を奪うファントム、エニグマが晴彦から能力を奪うために利用された母親は その影響で意識を戻せない状態で阿頼耶識社の病院で安静となっていた。 病院のロビーで晴彦に声をかけてきたのは母親の今の旦那さん。 そのまま少し話をすることとなり着替えなどと一緒に持ってきたある本を晴彦に見せる。 それは晴彦が昔読...
[2016/04/02 01:12] ゆる本 blog
【総評】 無彩限のファントム・ワールド
無彩限のファントム・ワールド  放送開始:2016年1月~
[2016/04/02 03:28] ぶっきら感想文庫
無彩限のファントム・ワールド 第13話 永遠のファントム・ワールド
対エニグマ、最終決戦!
[2016/04/02 11:39] ゴマーズ GOMARZ
無彩限のファントム・ワールド 第13話(終) 『永遠のファントム・ワールド』 ルルちゃんは一条くんから生まれたファントムなんです!←え、母ちゃんじゃないの!?
母が作ったファントムというかスタンドなのかと。自分は一緒に居られないからせめて。そんな複雑な思いが生み出したのかと思った。  晴彦は目覚めましたが母は寝たまま。エニグマに乗っ取られていた後遺症みたいです。母を助けるためにも、晴彦や他のみんなの能力を取り返すためにもエニグマを倒さなきゃならない。しかし逆に倒されれば能力を奪われ更にエニグマはパワーアップする。何とも分の悪い勝負ですね。...
無彩限のファントム・ワールド 第13話(終) 『永遠のファントム・ワールド』 ルルちゃんは一条くんから生まれたファントムなんです!←え、母ちゃんじゃないの!?
母が作ったファントムというかスタンドなのかと。自分は一緒に居られないからせめて。そんな複雑な思いが生み出したのかと思った。  晴彦は目覚めましたが母は寝たまま。エニグマに乗っ取られていた後遺症みたいです。母を助けるためにも、晴彦や他のみんなの能力を取り返すためにもエニグマを倒さなきゃならない。しかし逆に倒されれば能力を奪われ更にエニグマはパワーアップする。何とも分の悪い勝負ですね。...
無彩限のファントム・ワールド 第13話 「永遠のファントム・ワールド」 感想
人間よ、強くあれ―
[2016/04/02 19:14] wendyの旅路
無彩限のファントム・ワールド 第13話「永遠のファントム・ワールド」[終]
評価 ★★ 新しいわたしで どんなときも向き合いたい 好きなことができたって 一方通行じゃ物足りないんだ 誰かに伝えたいんだ