窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第24話 斯く戦えり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第24話 斯く戦えり

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 vol.7 炎龍編II<初回生産限定版>【Blu-ray】

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 最終話。
伊丹率いる第3偵察隊による、ピニャ皇女殿下救出作戦。
以下感想

これが、自衛隊のお仕事

伊丹率いる第3偵察隊による、ピニャ皇女殿下救出劇。

前回、自衛隊は大規模な作戦を遂行したばかりで、
自衛隊としては大っぴらに伊丹への支援を行うことができない。
しかし伊丹がかつて率いていた元第3偵察隊の面々は、
各々の個人的な感情で元隊長である伊丹に手を貸してくれた。
炎龍討伐の件といい、こうして協力者を得たのは伊丹の人望が成せる技。
微妙にぞんざいな扱いなのもそれだけ伊丹が慕われている証ですねw

伊丹によるピニャ救出作戦は、部下たちの練度の高さに加え、
テュカ、レレイ、ロウリィ、ヤオといった協力員の優秀さも相まって、
圧倒的数な的不利をもろともせずに見事完遂となる。
あくまでピニャ救出とレレイ暗殺の阻止のみを目的とする伊丹と、
日本との真剣勝負を望んでいたバカ皇子は、そもそも戦う土俵からして違っていた。
特地一の見栄っ張りであるバカ皇子としてはこれほど堪える敗北は他にない。
これで下手に虐殺してしまうと、バカ皇子は妙な英雄感に浸れてしまいますからね。

無闇矢鱈にいきがっていたくせに一回の銃声にビビりまくってしまったバカ皇子は、
皇太子なのに帝都を放り出して北の大地へと逃避行をはじめてしまう。
「暴君の皮を被った臆病者」の皮が見事に剥がれた形。
まぁとりあえず不必要に血が流れることがなくなってよかったですよ。

一方、帝国を混乱に貶めた元凶であるテューレの瞳にはなぜか涙が。
奴隷が再び自衛隊に救われるところを見て心底悔しかったのかもしれませんが、
「一国の王として、たとえ敵国であろうと国がメチャクチャになる様には心が痛む」
という理由であってほしいなぁと個人的には願っています。

伊丹に救出されたピニャは、ちゃっかり生きていた皇帝の命で皇太女に就任。
加えてイタリカに正当政府を樹立し、名実共にバカ皇子の対抗馬となる。
実際はバカが勝手に帝都を放り出したため、
この段階ですでに帝国を取り戻したと言っても過言じゃない。
仮にバカが本当に逆襲を図ったとしても、同盟国への援助という形でなら、
日本も大手を振って帝国に力を貸すことができるため恐れるに足らず。
懸念すべきは外国との取引を匂わせていた二人目の兄貴の動向でしょうね。

ピニャによる正統政府樹立に特地がお祭り騒ぎとなる中、
伊丹は一人、日本のとあるお祭りに繰り出していたが・・・。
エルフや魔法使いやゴスロリとラブコメったり、一緒に炎龍退治をしたり、
特地というファンタジー世界で誰よりも大活躍しておきながら、
それでもまだ二次元の世界に固執する必要があるのかよ?ってカンジですが、
伊丹は「仕事は仕事、趣味は趣味と」非常に割りきった考えを持つ男でしたね。

むしろ異世界美女とちゃっかりゴールインしてる連中のほうが不純と言えるかもw

まとめ

てなわけで「GATE」の最終回はピニャ救出と彼女による正統政府樹立。
帝都の兵士たちは比較的頑張っていたと思いますが、
やはり頭が頭なので伊丹たちの圧勝という結果に。
これまでバカ皇子のことをどれだけバカと言ってきたか覚えてすらいませんが、
なんだかんだでこのバカはヘイト役としてとても良い仕事をしていたと思いますよ。
あれだけヒドいことをやらかしながらも愛着すら湧いてくるわけですから、
「愛すべきバカ」っていろんな意味でお得な役柄ですよねぇ。

今回で一応スッキリと物語は終わった、だけど続編に向け引き出しは残している。
良くも悪くも非常に無難な最終回だったなぁってのが率直な感想です。
個人的には「逆襲のバカ皇子」と、「ゲートの閉鎖」が観たくて仕方ないので、
もちろん続編制作を希望、というか続編があるものだと信じています。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第24話(終) 『斯く戦えリ』 特地に行ったら彼女が出来ました!!
お前らくっつき過ぎだ!!と言いたいところですが、日本の晩婚化・人口減少問題が解決するとても良い方法です。あと主人公ハーレムだけじゃないのが素晴らしい。しかし柳田とデリラだけは意外だった。&nbsp; ラストバトルだ全員集合!!という訳で伊丹パーティーに元第3偵察隊の面々が合流。前回ちょっと出しておしまいじゃなくて良かった。というか栗林やる気満々。止めやしないからゾルザルボコボコにしてやってく...
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ TokyoMX(3/25)#24終
最終回 第24話 斯く戦えリ 伊丹は33歳、趣味に生きる男。帝都に到着して悪所街診療所でピニャ救出の策を練る。栗林や黒川、富田のかつての部下が集合する。ピニャ皇女殿下と皇帝陛下の救出作戦を決行する。 レレイとロゥリィは正面玄関を賓客として突破可能。伊丹はお付の下男として同行。栗林はテュカと皇城内の兵士を無力化する。黒川、ヤオは皇帝の救出に向かう。薔薇騎士団が日本自衛隊と共同作戦で帝国を脱出し...
[2016/03/27 10:08] ぬる~くまったりと
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第24話 斯く戦えり」
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第24話 斯く戦えり」に関するアニログです。
[2016/03/28 03:09] anilog
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第24話 斯く戦えり
いよいよ最終話だ!
[2016/03/30 21:18] ゴマーズ GOMARZ
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第24話(終)「斯く戦えり」感想
帝都へと到着した伊丹は第3偵察隊の面々と再会。 共に監禁されるピニャを救うべく、皇宮への潜入作戦を決行する。 テュカ達の協力もあり、皇宮へと潜入を果たした伊丹は手荒な処遇を受けるピニャを発見。 ロウリィとレレイがゾルザルのけしかけたジャイアントオーガを一蹴。 ゾルザル自身も自衛隊の狙撃に竦み上がり、伊丹に抗う気力を失ってしまう。 ピニャと共に...
[2016/03/30 23:57] アニメ色の株主優待


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。