窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 灰と幻想のグリムガル> 灰と幻想のグリムガル Episode.10 リーダーの器じゃないけれど

灰と幻想のグリムガル Episode.10 リーダーの器じゃないけれど

TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」CD-BOX 『Grimgar, Ashes and Illusions

灰と幻想のグリムガル 第10話。
鉱山でのコボルド狩りと、パーティー内の不協和音。
以下感想

チームワークとは・・・

鉱山でのコボルド狩りと、パーティー内の不協和音。

初めてコブリン以外のモンスターに挑むゴブリンスレイヤーたち。
各々新技を習得したこともあって、危なっかしいところはあるものの、
ひとまずコボルド相手でもそこそこやれるだけの実力はあるみたい。
鼻や耳は効くだろうし力も速さもあるだろうけど頭はそこまででもなさそう。
コボルドは総合的に見ればゴブリンさんたちと同等かそれ以下っぽいですよね。
ボスキャラの「デッドスポット」はシャレにならない迫力でしたけど。

コボルド狩りで浮き彫りになったパーティー内の不協和音。
ハルヒロとランタ、どちらが悪いと言えばどっちもなんですけど、
どちらかと言えばハルヒロのほうの問題が大きいですね。
まずランタですが、ランタのチームワークはあくまでランタの独断でしかない。
メンバーとすり合わせもせずに役割を果たしていると主張するのはおかしいし、
その先の言い分も、一見正論っぽいですが所詮は論点のすり替えです。

とはいえ、今回のやりとりでハルヒロがランタの考えに納得したのなら、
それで考えのすり合わせは完了となりこの話はそこでおしまい。
そうであるならランタが役割を果たせるように取り計らうのが筋ですし、
そうでないならあの場でランタに対して断固とした態度で改善を求めるべきです。
そのどちらでもないハルヒロの小言は、ランタに対する八つ当たりでしかない。
そういうハルヒロの性格の悪さを見透かしているからこそ、
ランタはあそこまでハルヒロに反発しているのだろうと思います。

そもそもハルヒロは、いまだにマナトの影を追い続けているあたりがダメ。
あの頃とは状況も全然違っているし、今さら考えても仕方のないことだろうよ、と。
それでも、「もしマナトならランタに対してどう接するか」を考えてみましょうか。
多分マナトはランタに何も要求しないし、その働きっぷりを褒めるだけでしょう。
そしてその結果生じる不利益はすべてマナトが一人で背負い込むことでしょう。
パーティーの和ばかりを重んじ都合の悪いことは隠し通すのがマナトのスタイル。
その結末がどうだったかはハルヒロも目の当たりにした通りですし、
それが本当に正しい選択だとは、少なくともハルヒロには思えないはずです。


まとめ

てなわけで今回はハルヒロのリーダーとしての苦悩。
相性がよろしくないのか言い合いや軽い事故を繰り返すハルヒロとランタ。
一歩間違えばシャレにならない大事故を起こしそうな気もしますが、
裏を返せば息のあった二人だからできる職人技とも言える気がする。
まぁこの二人についてはひとまず大丈夫なんじゃないでしょうか?w

そして案の定、メリイの宿敵「デッドスポット」さんが登場。
「デッドスポット」はメチャ強そうですし、他にもコボルドがうじゃうじゃいるし、
さすがにこの状況を無傷で切り抜けられるとは・・・。
フラグ的にはダントツでランタですが、コイツは悪運だけは相当強いでしょうし、
そうすると次に危ないのはタンク役のモグゾーでしょうか。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 3196 ] Re: 灰と幻想のグリムガル Episode.10 リーダーの器じゃないけれど
ちなみにアニメのランタはあれでも原作よりだいぶ丸いです。
基本的な性格や行動は同じですが、原作ではハルヒロが割と本気でランタをクビにして他の前衛を探そうか(またキッカワのツテを頼るか)と考えてるほどです。

ただ原作でもハルヒロがランタの言い分に気圧されつつ(いや、ランタの方が悪い)と思いながら
それでも反論できなかった上に、ランタを追い出したら、結局は一番重荷を背負うのは自分だと気づいて
(リーダーなんてやるもんじゃないな)、(マナト、俺は器じゃないよ)などと考えてしまうヘタレなのも確かです。
[ 2016/03/19 23:27 ]
[ 3199 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> 基本的な性格や行動は同じですが、原作ではハルヒロが割と本気でランタをクビにして他の前衛を探そうか(またキッカワのツテを頼るか)と考えてるほどです。

ランタが丸くなっているのかハルヒロがヘタレってるだけなのかはわかりませんが、
とてもハルヒロがそんな重大決心をしているようなシーンには思えなかったです。


> ただ原作でもハルヒロがランタの言い分に気圧されつつ(いや、ランタの方が悪い)と思いながら
> それでも反論できなかった上に、ランタを追い出したら、結局は一番重荷を背負うのは自分だと気づいて
> (リーダーなんてやるもんじゃないな)、(マナト、俺は器じゃないよ)などと考えてしまうヘタレなのも確かです。

あぁでも、「コイツは結局ただのめんどくさがりなんだな」
という印象をハルヒロから感じた点については原作と同じですねw
[ 2016/03/26 00:06 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

灰と幻想のグリムガル TokyoMX(3/13)#10
第10話 リーダーの器じゃないけれど サイリン鉱山を攻略する。習得したスキルで1層を無事に攻略。ここは下級のコボルドしか居ない。レッサーとも呼ばれる肉体も装備も貧弱なコボルドが居る。コボルドはお守りのタリスマンを付けている。戦利品として持ち物を集める。サイリン鉱山は10層以上あり、エルダーコボルドはゴンドラで 階層を移動する。レッサーはエルダーの兵士の様な存在。2層目からは不通のコボルドが住...
[2016/03/15 10:28] ぬる~くまったりと
アニメ感想 16/03/13(日) #灰と幻想のグリムガル 第10話
灰と幻想のグリムガル 第10話『リーダーの器じゃないけれど』今回は・・・ついにゴブリン以外の敵が登場しました。他にもいたんですね。ここまで来たら、最後までゴブリンで貫い ...
[2016/03/16 02:39] ニコパクブログ7号館
(アニメ感想) 灰と幻想のグリムガル 第10話 「リーダーの器じゃないけれど」
投稿者・ピッコロ ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日22時と金曜日21時半より アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!
灰と幻想のグリムガル épisode.10「リーダーの器じゃないけれど」
評価 ★★☆ むしろ長所の方が思いつかない位だ……