窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 僕だけがいない街> 僕だけがいない街 第八話 螺旋

僕だけがいない街 第八話 螺旋

それは小さな光のような(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

僕だけがいない街 第8話。
雛月の危機を察した悟の次なる一手は・・・。
以下感想

巣の中

雛月の危機を察した悟の次なる一手は・・・。

雛月が身を潜める秘密基地に忍び込んできた謎の人影。
どうやら悟たちの秘密基地こそ真犯人の凶器の隠し場所らしく、
さらにすぐそばにの雛月に気づかないでいてくれたという奇跡の連続w
でも、真犯人が雛月に気づかなかったのはおそらく平静ではなかったからで、
真犯人があれほど憤っていたのは悟の行動によって犯行計画が崩れたから。
悟の攻撃が確実に効いてきている証拠であり、
さらにそれが犯人のミスを誘発するという好循環ですね。

で、運にも助けられた悟の次なる行動は、母親との直球勝負。
そしてなんでもお見通しの妖怪は急な雛月来訪にもバッチリ対応してみせる。
見透かされているようで実の息子なら多少は苦手意識を持つでしょうが、
こんなに気が効いて理解があって優しい妖怪なら、
是非とも一生寝食を共にしたいものですよね。

藤沼家で一泊過ごすこととなった雛月は、その短い時間で、
実家では一度も味わうことができなかった"平和な家庭"を体感する。
こうして他の人の"平凡"を目の当たりにしたことで、
自分がいかに異常な境遇にいるかがよくわかってしまい、
結果、その理不尽さに耐えかねて思わず涙が止まらなくなる。
「カップ麺や食パンや現金とかだけど、ちゃんと用意してやってるだろ」
そんな風にあの母親が本気で考えていそうなのが一番腹立たしいです。


まとめ

てなわけで今回は廃バスから妖怪のお家へとエスケープ。
まるで本物の親子のような悟母と雛月のやりとりにほっこり。
温かい朝食を目にして涙する雛月にもらい泣き、な一話でした。
これ以上雛月が不幸になる展開はもう本気で観たくない。
次回や終盤に向けた、いい雰囲気作りになっていたと思います。

で、次回は元凶の一人である雛月母との決着かな。
雛月母を倒せればおそらく雛月を事件の環から救い出せる。
雛月が救えれば連鎖的に事件そのものがなくなるかもしれない。
・・・ってのはさすがに楽観視しすぎなのですが、
こうして真犯人の目論見を潰していけば、いずれ大きな隙が生まれるわけで、
その隙こそが悟が真犯人に勝利する鍵になるかと思います。

一方で、悟が行動を起こせば起こすほど、真犯人も悟の狙いに感づき、
最後には未来で悟母に行ったような強攻策に打って出るはず。
すでに悟はいたるところでボロ出しまくりですし、
ひょっとしなくても現時点で相当危ない位置にいるのでしょうね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/02/27 14:00 ] 僕だけがいない街 | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

(;´Д`)僕だけがいない風呂 ~僕だけがいない街 第八話 螺旋~
風呂から聞こえる女子小学生と母親のキャッキャウフフに悶々とする29歳。お前いっつも「しっかりしろ29歳」て言ってるなw
[2016/02/27 15:28] 悠遊自適
僕だけがいない街「第8話 螺旋」
僕だけがいない街「第8話 螺旋」に関するアニログです。
[2016/03/01 02:08] anilog