窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第19話 危険な姉妹

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第19話 危険な姉妹

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.6 炎龍編I <初回生産限定版> [Blu-ray+CD]

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第19話。
帝都の激動と魔法都市での激闘。
以下感想

敗北主義

ゾルザルのクーデターにより帝国は戦争へと突き進む。

皇帝が倒れたことにより、皇太子ゾルザルが帝国の実権を握ってしまう。
自らの意に沿わぬ者は罪人扱いという絵に描いたような独裁政権が誕生、
しかしてその実態はうさみみ奴隷による傀儡政権であると。
加えてピニャの下の兄貴まで好き勝手をやらかしはじめるというヒドい状況。
このあまりにも不安定な不確定な情勢下で断言できるのは、
今この瞬間こそがバカ皇子の人生の絶頂ってことぐらい。
あとはもうすさまじい勢いで転がり落ちて無様に死ぬだけだよ、コイツはw

まぁバカ皇子が本気で祖国のためを想い戦争を選んだのであれば、
愚かだと嘲笑こそすれそこまでとやかく言うつもりはなかったのですが・・・。
そもそもコイツの言っている"帝国の勝利"って一体なんなんだよ?
たとえ一時的に敗者に甘んじようと、最後には国が栄え人々が幸福になる。
そういう結末こそが本当の意味での"帝国の勝利"なんじゃないのかよ?
日本を利用して他国とのパワーバランス調整を図った皇帝のほうがまだマシ。
あくまでバカ皇子との比較なんで決して肯定してるわけじゃないですけど。

で、利害度外視で帝国の誇りとやらを優先したバカ皇子がやろうとしているのが、
無関係な人々を無意味に虐殺する、「テロ」という名の幼稚な嫌がらせであると。
弱者をいたぶることでしか自尊心を保てないバカ皇子ならではの発想。
コイツはホント、「自分が惨めな思いをしたくない」だたその一心なんですよね。

姉より優れた妹は存在した

一方の魔法都市ロンデルでは、レレーナ姉妹はケンカが勃発。

ロンデルの長老の一人ミモザが語る、特地、そして門(ゲート)の真実。
要するに特地とは門を超えてやってきた異世界人の見本市だった。
その事実もなかなか興味深いですが、重要だと感じたのは、
「門は数百年から千年のスパンで開いたり、"閉じたり"する」ってところです。
果たして自衛隊員の何人が特地に残ることになるのでしょうね。

妹は超天才で、英雄で、加えて肩書だけは優良物件の婚約者までいる。
その事実に打ちひしがれた姉はさらなる恥の上塗りを行い、
レレーナ姉妹はケンカの域を優に超えた戦いを繰り広げることに。
なんだかんだで引き分けに持ち込んでいるあたりに姉の威厳を感じなくもない。
にしても、こんなケンカをが日常茶飯事なら近隣住民はたまったもんじゃない。
レレイが流浪の民である真の理由って実はコレなんじゃないの?w


姉の嫉妬心だけでなくバカ皇子の嫉妬心までもがレレイに迫るが、
ピニャの命を受けた騎士団の騎士たちの介入で事無きを得る。
英雄になりたいバカ皇子としては真の英雄であるレレイは目の上のたんこぶで。
逆にピニャにとってはバカ皇子に対抗するための切り札になり得る。
日本と協力関係にあるピニャに一番足りないのは、戦力ではなく威光ですからね。

まとめ

今回はゾルザルのクーデターと、レレイのシャレにならない姉妹ゲンカ。
導師号の取得を目指し緊張半分気合い半分で魔法都市にやってきてみたものの、
嫉妬に狂う姉貴に絡まれ、バカ皇子からの刺客に命を狙われ、
完全に学会発表どころじゃなくなってしまったレレイが気の毒でしたw
というかこの世界の魔法使いの戦闘力って相当なものですよねぇ。
彼女たちが束になれば帝国程度なら征服できちゃいそうな気がします。

さて、物語の結末も見えてきたところでいよいよ佳境へと突入。
バカ皇子はめんどくさいタイプのバカなのでもちろん厄介なのですが、
そのバカ皇子に対抗して動き出したもう一人の皇子も別のタイプのバカっぽい。
ヘタすると日本的にはバカ皇子以上に厄介なことをしでかすかもしれませんね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 3179 ] Re: GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第19話 危険な姉妹
この作品に限りませんけど、何で市街地で決闘をやるんでしょうね?w
誰の迷惑も掛からない荒野か野原でやればいいのに・・・w

にしても、1話の間に身内と皇族に嫉妬されて被害に遭うとはレレイも不憫ですねぇ・・・
「三日夜の儀」で、ちゃっかり伊丹の嫁になろうとしてのは、したたかでしたけどw
[ 2016/02/20 22:28 ]
[ 3180 ]
ゾルザルは無能な働き者って感じですよね。もう一人の公子もゾルザルとはベクトルの違う馬鹿なんです。

レレイたちの魔法対決はかなり原作から改変されてます。原作ではもっと地味であんなFateじみたものじゃなかったです。アニメ向けに変えたのかもしれません。
あと原作ではレレイが魔法使いが箒で空を飛ぶなんて馬鹿じゃないの?と言ってます(笑)
[ 2016/02/21 00:05 ]
[ 3185 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> この作品に限りませんけど、何で市街地で決闘をやるんでしょうね?w
> 誰の迷惑も掛からない荒野か野原でやればいいのに・・・w

滾りに滾った情熱が抑えられないんでしょうね、きっとw
絵面的には破壊可能オブジェクトが多数ある市街地のほうが見応えがありますし。
[ 2016/02/29 07:22 ]
[ 3186 ] 零崎零識さん、コメントありがとうございます
> もう一人の公子もゾルザルとはベクトルの違う馬鹿なんです。

あぁ、わかります。
個人で外国と交渉するとか「帝国を売り渡す気マンマン」としか思えないですし。
自らの見栄やプライドばかりに固執し他を全く顧みないあたりに、
バカ皇子との血のつながりを感じます。


> あと原作ではレレイが魔法使いが箒で空を飛ぶなんて馬鹿じゃないの?と言ってます(笑)

レレイは以前も魔法で荷馬車を浮かしたりはしてましたし、
驚きはしましたけどそこまで違和感は感じなかったですw
[ 2016/02/29 07:28 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

【GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり】 第19話『危険な姉妹』キャプ付感想 
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第19話『危険な姉妹』 感想(画像付) 皇帝が毒に倒れ、帝国で独裁を始めるゾルザル。 講和の道がまた遠のく窮地…。 一方、魔法都市では、レレイちゃん姉妹の戦いが始まっていた(笑) 魔法使いの姉妹ケンカは激しく迷惑だな! レレイちゃんが伊丹と同じベッドで寝ていたのは深い策謀だったとはw 三回一緒に寝ると結婚とは…恐ろしい子(笑)...
[2016/02/20 13:12] 空 と 夏 の 間 ...
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第19話「危険な姉妹」
第19話「危険な姉妹」 よろしい、ならば戦争だ!
[2016/02/20 14:42] いま、お茶いれますね
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第19話 危険な姉妹」
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第19話 危険な姉妹」に関するアニログです。
[2016/02/21 02:08] anilog
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第19話 『危険な姉妹』 姉より優れた妹など居ない!!
ゾルザル・エル・カエサル?カエサルとか付くと凄く出来そうな人間に聞こえますね。無論そんなことは無いんですが。皇帝が倒れて自身が後継者としてやりたい放題。表面的には日本との交渉を継続。裏ではゲリラ戦を展開、不利な講和をできるだけ有利にする。まともにやっても勝てない、ここらへんの認識はしっかり出来ている様で。思った以上に厄介ですね。さあ日本よ、戦争を始めようか。それでも戦争にならないと思いますが...
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第19話「危険な姉妹」感想
レレイに同行し、魔法都市ロンデルを訪れた伊丹達。 そこでレレイは姉の『アルペジオ・エル・レレーナ』とその師である『ミモザ・ラ・メール』を伊丹達に紹介。 ロウリィと旧知であるミモザは再会を喜ぶと共に、この世界の住人がすべてゲートを通って出現したというロウリィから課されていた宿題への回答を伝える。 仮説が正解であった事に喜ぶミモザ。 レレイもまた科学を取り入れ...
[2016/02/25 00:00] アニメ色の株主優待


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。