窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜> ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜 #07 周波数は77.4MHz

ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜 #07 周波数は77.4MHz

TVアニメ「ハルチカ~ハルタとチカは青春する~」ED主題歌「空想トライアングル」

ハルチカ 第7話。
ローカルラジオと地学研究会と、二人の引きこもり。
以下感想

宝石の価値を決めるもの

ローカルラジオと地学研究会と、二人の引きこもり。

新入生も多数入部し、強豪校と合同練習し、
ようやく普門館に向けたチカの戦いが本格始動・・・、
かと思ったらホモの悪どい策略によって吹奏楽タイムは早々に終了。
ついでに勉強も早々にやめちゃったけど(そもそも続く気配もなかったけど)、
吹奏楽でも勉強でも足を引っ張りまくりじゃさすがにやばいよなぁ。
まぁチカはそれ以外のところで大分貢献してますけどね。

そんなチカ(とハルタ)は、吹奏楽部の部費アップのため、
不可解な逃亡を続ける地学研究会部長の捕縛ミッションに挑む。
とても元不登校とは思えないほどの才能と行動力、あと美貌の持ち主。
成果だけを見れば学校から表彰を受けていいレベルなのですが、
それでブラックリスト入りってことはよっぽど強引な手段を連発してたのでしょうね。
交渉事がニガテなのは確かに元引きこもりっぽいかも。

そんな地学部部長の不可解な行動の理由は、
引きこもりだった彼女を救ったある"隠れ家"を守りたかったから。
自分の声が反映される、相手の顔が見えない匿名のつながり。
そういう意味ではラジオってSNSのはしりと言えるのかも。

今じゃネットが取って代わってますが、それ以前は大いに賑わっていたわけですので、
人間は今も昔も変わらずこういったつながりが大好きな生き物なのでしょうね。

まとめ

てなわけで今回は名無しのラジオを中心とした謎について。
居場所を失った者たちが互いに影響しあい新たな居場所を見つけ出す。
コミュ症の心にズンと響くいい一話でしたね。

にしても「一話完結型の学園推理モノ」だと早々にネタ切れすると思っていたのですが、
この作品はちゃんと、毎回全く趣の違う内容を用意していますよね。
おかげでまったく飽きませんし、その引き出しの多さは素直にスゴいと思いますが、
その結果本命の吹奏楽のほうがほとんど描かれないってのが玉にキズかなぁとw
部員集めもいい加減佳境ですけど、多分今後もずっとこんなノリでしょうねww
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~ TokyoMX(2/17)#07
第7話 周波数は77.4MHz 吹奏楽部は新入生が入って23人となった。強豪高の藤ヶ崎との合同練習。上手いのに、顧問の先生は厳しく指導する。それに比べて清水南高校はマレンと成島が目立ちすぎていた。ハルタはバランスを考えられていたが、案外ミスのなかった度胸のあるチカ。もっと練習しようと宣言するチカ。しかし草壁先生は卒業後のことも心配だからとテスト結果で 練習時間に制限を求める。実は成績は芳しく...
[2016/02/18 21:49] ぬる~くまったりと
【ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~】第7話『周波数は77.4MHz』キャプ付感想
ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~ 第7話『周波数は77.4MHz』 感想(画像付) また学校のブラックリスト十傑が登場(笑) ヘルメットでうろつく地学部部長とか、怪しすぎでしょ(^^; 何でも知ってる草壁先生が事情通すぎる! ハル以上に天才なのかよ!?(笑) 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
[2016/02/18 22:26] 空 と 夏 の 間 ...
ハルチカ~ハルタとチカは青春する~「第7話 周波数は77.4MHz」
ハルチカ~ハルタとチカは青春する~「第7話 周波数は77.4MHz」に関するアニログです。
[2016/02/21 02:08] anilog
ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 第7話「周波数は77.4MHz」
ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 第7話「周波数は77.4MHz」 です。 <キャスト> 上条春太:斉藤壮馬 穂村千夏:ブリドカットセーラ恵美 草壁信二郎:花江夏樹 片桐圭介:山下誠一郎 成島美代子:千菅春香 マレン・セイ:島﨑信長 芹澤直子:瀬戸麻沙美 檜山界雄:岡本信彦 後藤朱里:山田悠希 <スタッフ> 原作:初野晴(KADOKAWA 角川文庫刊) 監...