窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第816話 イヌVSネコ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第816話 イヌVSネコ

ONE PIECE ワンピース 17THシーズン ドレスローザ編 piece.20 [Blu-ray]

ネタバレ注意です。
以下感想

たとえ国が滅ぼうとも

祖国崩壊の原因である侍の上陸に、ミンク族は・・・。

ゾウは新たな来訪者(侍)の登場に大騒ぎとなり、
イヌマムシとネコマムシ、因縁の二人の王がついに顔を合わせてしまう。
両者とも手足を失う重傷だってのに、驚くほど元気が有り余っている。
いや、元気が有り余っているというのはきっと誤りで、
二人にとっては相手の存在が気付け薬として働いているのでしょうね。
まさにライバルと称するに相応しい間柄です。

錦えもんは空気を読まずに両者のケンカの仲裁に入るが、
国が滅ぼされた元凶を見たミンク族の反応は意外なものだった。
手足を失いながらも決して口を割らなかったこともそうですが、
仲が悪すぎる二人が、特に事前に示し合わせたわけでもなく、
共に雷ぞうを匿い続けたことがすごいですよ。

相手も自分と同じように、身体を引き裂かれてでも雷ぞうを匿い続けるだろうと、
これっぽっちも疑っていなかったわけですから。
そしてそんな彼らの部下たち、さらには女、子供、老人まで、
誰一人としてジャックの暴力に屈しなかったことが本当に驚きですよね。

まとめ

てなわけで今回はモコモ公国崩壊の裏側に隠されていた驚くべき真実。
まさか四皇の部下を騙してまで、さらには祖国の恩人たちにさえ秘密を明かさず、
雷ぞうを匿い続けていたとは予想してなかった。
ミンク族の強い意志とそれが報われた瞬間に感動の一話でしたね。
にしても千年続く祖国の命運よりも重要視されているとは・・・、
ワノ国の侍、特に雷ぞうがどれほどの重要人物なのか超気になってきました。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/02/16 03:50 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。