窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> デュラララ!!×2> デュラララ!!×2 結 #28 血は水よりも濃し

デュラララ!!×2 結 #28 血は水よりも濃し

デュラララ!!×2 結 1 (イベントチケット優先販売申込券付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

デュラララ!!2期 第28話。
正臣への千景の提案と、杏里への鯨木の提案とは・・・。
以下感想

抗争勃発

正臣への千景の提案と、杏里への鯨木の提案とは・・・。

チャラそうなナリして意外と古風な正臣と千景のタイマン勝負。
以前、静雄の拳に4発まで耐え切っただけのことあって、
千景の身体能力、特にタフさは軽く人間離れしている。
そして戦い方といい考え方といい、コイツって本当にバカなんだなw
正臣もそんな千景といい勝負できているあたり、それなりに強い、というか巧い。
高校生で身体がまだ出来上がっていないわけですし、将来性はピカイチでしょう。
残念ながら大人たちは正臣の成長なんか待ってくれないんですけどね。

罪歌を持つ善人、園原杏里と、罪歌を持つ悪人、鯨木かさね。
妖刀にも周りの人間にも気を使うのが寄生虫の処世術なのでしょうけど、
それを理由に自身をいつまでも卑下し続けるのは、
寄生対象にも失礼で、卑怯なことなのかもしれない。
とはいえそこが杏里の美点でもあるのでムリに変わる必要もないと思う。
一方、鯨木の開き直りっぷりには清々しささえ感じるw
結論、罪歌を持つ善人と悪人には各々の良さがあるってところです。

池袋の街に放り込まれた「セルティの首」をめぐる、臨也と鯨木の攻防。
春奈を脱落させ、静雄を警察署内で暴れさせようとしたしたのが鯨木。
逆に静雄を解放し、かつヴァローナを使って首を奪還したのが臨也、と。
身内の不安定すぎる動きに対して適切な対応してみせた臨也の手腕は見事ですが、
静雄にヴァローナを利用していることを悟られてしまったのは致命的なミスですね。
身内の不幸を嫌う今の静雄は、特に誰かを守るために絶大な力を発揮する。
そんなスーパーマン状態の静雄が相手じゃ、
さすがの臨也もいつものように逃げおおせるのは不可能でしょう。


まとめ

今回はカラーギャング同士の抗争と黒幕同士の首の奪い合いのスタート。
メインから脇役までみんながみんな興味深い動きを見せているわけですが、
中でもやっぱり鯨木の縦横無尽な活躍が目を引きますね。
そもそもポジション的に前に出てくるタイプではないはずで、
それだけ臨也の抵抗によって彼も追い詰められているとも言えるのですが、
いざそうなればとことん大胆に動ける大胆さが小気味いいです。

正臣は宿敵と絶賛死闘中、杏里は本格的に動き出すまでもうちょいかかりそう、
ってことで、この状況で注目すべきは帝人になります。
今の帝人って青葉たちブルースクエアの仲間はいるんですけど、
杏里や正臣とは違って「頼りになる大人の味方」はいないんですよね。
そんな帝人が、この街で我を通すため、果たしてどのような力に縋るのか・・・。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/02/01 20:00 ] デュラララ!!×2 | CM(4) | TB(2)
[ 3164 ]
まあ、帝人が一番頼りにしてる大人が臨也な時点で…
[ 2016/02/01 21:13 ]
[ 3165 ] Re: デュラララ!!×2 結 #28 血は水よりも濃し
>そして戦い方といい考え方といい、コイツって本当にバカなんだなw
>正臣もそんな千景といい勝負できているあたり、それなりに強い、というか巧い。

奇しくも静雄と臨也に通じるものがありますね。
千景はともかく正臣は嫌がるでしょうけどw

>逆に静雄を解放し、かつヴァローナを使って首を奪還したのが臨也、と。

静雄が解放されたのは春奈が脱落したから、春奈に支配されてたミミズが正気に戻ったんだと思います。
わざわざ静雄が解放された直後に、「この一件のあった少し前」と前置きして春奈の脱落を描いていますし。
[ 2016/02/02 20:14 ]
[ 3167 ] 名さん、コメントありがとうございます
> まあ、帝人が一番頼りにしてる大人が臨也な時点で…

頼りにしているというか一定の信頼を置いているって印象ですね。
それも「情報屋」としての手腕に対してのみ。

でも臨也個人に対しても、マイナスの方向で信頼していると言えるのかもw
[ 2016/02/03 21:14 ]
[ 3168 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> 静雄が解放されたのは春奈が脱落したから、春奈に支配されてたミミズが正気に戻ったんだと思います。
> わざわざ静雄が解放された直後に、「この一件のあった少し前」と前置きして春奈の脱落を描いていますし。

ここの部分はいまだに確信が持てないんですよねぇ。
確かに、単に春奈が脱落したから結果的に静雄が解放されたとも考えられるのですけど、
そうすると「静雄を警察署で暴れさせようとしていた」鯨木の思惑と競合しちゃうんですよねぇ。

しかし、これは「春奈を脱落させたのは鯨木」という前提での話。
そもそも鯨木は直接対決で春奈を下しているわけですし、
こんな回りくどいマネをする必要もなかったはずなんですよね。

よって「春奈を脱落させたのは鯨木ではない別の誰かの可能性がある」
そしてもしそうなら、その人物は4人目の罪歌の所持者ということになります。
でもってもしそれの人物が那須島だったとしたら、これはとんでもない超展開ですねw
[ 2016/02/03 21:25 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

デュラララ!!x2 結 TokyoMX(1/30)#28
第28話 血は水よりも濃し 鯨木かさね、贄川春奈と喫茶店で話をする園原杏里。罪歌の事情を説明されて買い取りを希望される。罪歌で商売を考えているかさねは買い取りたい。私は悪人と呼ばれる類の人間ですが、あなたは 日の当たるべきで暮らすべきです。あなたは優しすぎる。罪歌が無ければ父に殺されていた、罪歌に恩返しできていない。大事な人に全てを告白すると約束したので、その時までは今のままでいい。春奈は罪...
[2016/02/01 21:31] ぬる~くまったりと
デュラララ!!×2 結「第28話 血は水よりも濃し」
デュラララ!!×2 結「第28話 血は水よりも濃し」に関するアニログです。
[2016/02/03 02:08] anilog