窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第813話 お茶会の招待状

ONE PIECE 第813話 お茶会の招待状

ONE PIECE 80 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

必ず戻る

突如浮上したシャーロット家との縁談に、サンジは・・・。

仲間が血縁同士になるということは、
事実上麦わらの一味はビッグマム海賊団の傘下に入ることになる。
これはサンジがシャーロット家に婿入りするという意味なのか、
それともこういう場合はより大きな方に吸収されるのが一般的という、
海賊たちのローカルルールなのか・・・。
にしても、「誰の傘下にも入りたくなければ逆らうべきじゃない」って、
それってどちらにしろ傘下に入るしかないってことじゃね?w

サンジが、もう二度と自分の目の前に現れないと思っていた過去。
サンジの生家であるヴィンスモーク家は、
海賊相手には四皇の一族との縁談を決めるだけの、
世界政府相手には手配書の内容を書き換えるだけの力がある。
タイミング的にドフラの陥落が一連の出来事のキッカケに思えますし、
ヴィンスモーク家も新世界の闇の部分に深く関わる一族なのでしょうか。

サンジはシーザーの命と自身の命を盾にしてナミたちを逃し、
「必ず戻る」という言葉を残してゾウを去っていった。
状況的に徹底抗戦に臨んでもなんとかなりそうだったのですが・・・。
すでにボロボロなゾウを再び戦場にすることを嫌ったからか、
それともブルックの言うとおり何もかも諦めてしまったのか、
あるいはサンジが一人で立ち向かわなければ意味が無い、
何かしらの事情が発生したからなのか・・・。

まとめ

てなわけで今回はサンジ離脱までの一連の流れについて。
これまでもナミやロビンが各々の事情で一時離脱をしてきたのですが、
今回は当人が「必ず戻る」と一応断言している以上、
残された側としても待つか追うか非常に悩ましいところ。
まぁこの事態に対してルフィたちがどう動くかは、
サンジを取り巻く事情にある程度心当たりがあるであろう、
ブルックやペコムズの話次第になるのでしょうね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/01/26 07:50 ] ONE PIECE | CM(1) | TB(0)
[ 3163 ] Re: ONE PIECE 第813話 お茶会の招待状
>ヴィンスモーク家も新世界の闇の部分に深く関わる一族なのでしょうか。

ブルックが反応したという事は少なくとも50年前からグランドラインで名の知れた一族なのでしょうね。
[ 2016/01/27 21:03 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL