窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第812話 カポネ・"ギャング"ベッジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第812話 カポネ・"ギャング"ベッジ

ONE PIECE 80 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

シロシロの実

最悪の世代の一人、四皇ビッグマムの傘下、カポネ・"ギャング"ベッジ。

ジャックによって荒らされた「ゾウ」にビッグマム海賊団所属の二人が上陸。
その一人であるペコムズはゾウの出身者であり、
家族を救ってもらった恩義から、シーザーの身柄のみを要求してくるが・・・。
味方であろうと冷酷に始末するその様子はまさにギャング。
とはいえカポネとペコムズのコンビはビジュアル的にお似合いだったので、
この展開はちょいと残念だったかも。

カポネ(の部下)によってナミとチョッパーが人質にされ、
主導権を奪われたサンジはカポネの城の中へ。
カポネの能力は「シロシロの実」の城人間。
身体の中から多数の部下+火器を繰り出す、圧倒的な展開力が持ち味。
個人の戦闘力でなく集団での兵力でここまで成り上がってきた。
他の大海賊たちとはまた違った方向ですけど、
これはこれで非常に海賊らしい海賊ですよね。


カポネたちがビッグマムから任されていた、
麦わらの一味の崩壊が崩壊しかねないもう一つの任務とは、
「"ヴィンスモーク家の三男"サンジを、
"シャーロット家三十五女"との結婚式へと招待すること」
まさかとは思うが、"サンジ"というネーミングは三男からきていたのか・・・w
というかカマバッカ王国での悪夢のような思い出といい、
サンジってこれっぽっちも嬉しくないモテ方してますよねぇww

まとめ

サンジ離脱の原因はサンジ個人の出生によるものだったという、
予想外の方向へ物語が進んできた今回。
確かに、ゼフに保護される以前のサンジの経歴は謎のままだったわけですが、
もしサンジが世界政府にも影響力のある名家の生まれであるのなら、
手配書の文面が「生け捕りのみ」に変わったことにも説明がつきますね。
てなわけで「ヴィンスモーク家」がどのような一族なのかに注目です。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2016/01/19 21:00 ] ONE PIECE | CM(1) | TB(0)
[ 3159 ] Re: ONE PIECE 第812話 カポネ・
思えば、見習いコック時代のサンジはまかない料理を「残り物」呼ばわりして食べようとしませんでしたが、
あれも元が貴族か財閥のお坊ちゃんだったからなんでしょうかね?
オールブルーに惹かれて家出してきた設定なんでしょうか?
なんでコックになったかは謎ですが。
[ 2016/01/20 21:04 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。